13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|日中会社に通勤しながら並行して空いた時間に勉強をやり続け…。

2017-07-15 02:20:01 | 日記

一般的に良質な演習問題にてより理解を高めて基盤を固めてから、現実的な総括問題へとシフトする、模範的な勉強法でやるのが、司法書士試験の中の必須科目である簿記論の為には、実に役に立つようです。
こちらのウェブサイトにおきましては、司法書士資格取得の通信教育を、しっかり選べますように、客観的な立場によって判断することが可能な役立つ情報を掲載していきます。そして、その後は己自身で取捨選択してください。
司法書士資格取得試験をパスするには、手際の良いスタイルでの勉強法が、かなり重要な点です。このインターネットサイトでは、司法書士試験のスケジュールやかつ構成参考書の良い選び方など、受験生らに手助けになるような様々な情報を発信しています。
DVD講座や、テキスト学習材での勉強に対して、若干不安を持っていますけれど、事実毎年通信講座により、司法書士の資格取得を実現している人も沢山いますし、独学する選択をとるよりも、いいはずであると信じています。
完全に独学で司法書士試験合格を目指そうとするなら、己で適切な勉強法を確立する必要性があります。そんな時に、殊に優れた方法は、合格した人たちがしていた勉強法とそのまんま同じようにすること。

個別論点問題に取り掛かり始めだしましたら、関連の練習問題に出来る範囲で取り組んで、キッチリ問題に慣れるようにするといったスタイルの勉強法を新たに盛り込むというのも、司法書士試験の簿記論の対応策には著しく効果が期待できます。
現実的に全必須科目の平均合格率の数字につきましては、10%から12%前後で、この他の難関資格と比較して、合格率が高めにとられがちですが、これについては各々の試験科目の合格率であるわけで、司法書士試験それ自体の合格率ではございません。
前は一般的に司法書士試験は、他より比較的取得しやすい国家資格なんて言い表されてきましたけれども、この頃は著しく狭き門になっており、めちゃくちゃ合格への道が簡単ではない資格となっています。
要するに司法書士試験というのは、司法書士を生業にするために求められる深い知識、及びそれを現場で活かせる力量の有無を、品定めすることを1番の目的に、執り行われる法律系の国家試験です。
実際に会計事務所であったり司法書士事務所に入社し、経験値を重ねていきながら、マイペースでしっかり学ぶという考えを持つ受験生は、通信講座の勉強法が最適といえます。

基本司法書士試験は、メチャクチャ難関の国家試験と挙げられておりますので、まず専門の資格学校に行って勉強した方が、堅実といえるでしょう。ただし、全部独学でしてもそれぞれの人によって、そのやり方がマッチしているならOKであるなどのケースもあるわけです。
法律系国家試験の司法書士試験の合格率の値は、10〜12%と、難易度レベルが高めと知られているにしては、比較的高い合格率となっております。だけども、たった一度きりで合格することが出来るのは、0%に限りなく近いと聞いています。
今や合格率7%未満と、司法書士試験はとても厳しい難易度の難関の試験といえます。とは言っても、それを必要以上恐れないで大丈夫。必死に頑張り続ければ、誰であろうと必ず合格を獲得することは可能です!
平成18年度以降、国家資格の司法書士試験は、大分変化しました。例えば法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、多肢選択方式の問題やまた、記述式(論文)での問題のような暗記だけでは解けない問題なんかも見られるようになっています。
日中会社に通勤しながら並行して空いた時間に勉強をやり続け、3回目の正直で挑んだ試験で司法書士に合格することが叶った、自分自身の体験過程を思い出しても、ここ数年来における難易度に関しては、めちゃくちゃ高難度になってきているような気がしております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|結局のところ…。 | トップ | 司法書士|プロの先生方に直... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL