13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|ずっと前から司法書士試験に関しましては…。

2017-07-14 15:10:12 | 日記

一昔前までは合格率の値が10%位が普通だった司法書士試験でありましたけど、ここ数年は、10%よりも低い率でとどまっております。合格率一桁とした場合、難易度レベル高の国家資格の1業種として、広く認識されます。
実際司法試験と近い勉強法ですと、0からはじめる司法書士試験のみの専業受験生と比較して、トータルの勉強量がものすごくなりがち。さらに思うような成果はあらわれず、コストと効果の関係がアンバランスです。
一般的に法人税法の中身は、ビジネスを行うというケースにおいて、必ず知っておくべき基礎知識となっています。さりとて、暗記することがとてもたくさんあるので、司法書士試験の受験科目の内で一番の難関などと言われているのです。
ずっと前から司法書士試験に関しましては、難易度が高いと言われております、日本の国家資格の1つ。ここにおいては、将来司法書士試験に必ず合格するための質の高い勉強法等を、管理人自身の合格出来るまでの生の経験を基に紹介いたします。
一般的に司法書士試験は、1つの教科毎で2時間しか受験する時間がありません。そうした中で、合格水準の点を確実にとらねばならないので、無論正確な解答スピードは必須です。

事実「法をベースに思考が出来る人物」であるか否かを判別するような、超難易度アップの試験になりつつあるのが、つい最近の司法書士試験の事実ではないでしょうか。
人によっても異なりますが9月はじめから、次年度の司法書士試験対象に支度しはじめる受験生も、結構多いかと思われます。1年間ほど続くとされる厳しい受験勉強では、本人に適切な勉強法を見出す工夫も必要であります。
実際に専門的特性の法令の中身で、難易度が大変高いわけですが、しかしながら司法書士試験では、受験者は一回の試験で5教科合格しなくてもいい科目合格制度を設定しておりますので、一つの教科毎に5年間にわたり合格をしていっても、アリの試験とされています。
基本的に会計分野の簿記論は、暗記するべき総量はたっぷりなものの、100パーセントの確率で計算タイプの試験問題で組み立てられているため、司法書士は、比較してオール独学であっても、学習しやすい分野の試験科目となっております。
利点が様々に存在する、司法書士の資格学校に足を運ぶ能率的な勉強法ですけど、通常十万円以上の一定レベルの費用が必要ですので、誰もが通学できるというわけにはいきません。

平成18年度に入ってから、司法書士試験に関しましては、多数改正がなされました。例えば法令科目が、重要視され、選択制のマークシート式の、40字記述式の問題というような思考&記述力が試される新たな問題等も登場し出しました。
合格率につきましては、司法書士国家資格試験の難易度の現状を把握できる顕著なモノサシの一つなのですが、近年においては、この数値が明白に下がってきており、大勢の受験生達に注目されています。
原則的に司法書士試験は、超難しいです。毎年合格率は、おおよそ10%位です。されど、一回に限った試験で挑むのではなく、何年もかけることで合格を狙うのであれば、それほどまでにやれないことではないです。
司法書士の試験に合格して、先々「自分だけのチカラでチャレンジしたい」とした強固な志がある受験者でありましたら、どんなに司法書士資格の難易度がめちゃくちゃ高めでも、その荒波も間違いなく超えられるでしょう。
現実的に30万円以上〜、もしくは50万円超えの、司法書士試験対策の通信講座といったのも特別ではありません。そして講座を受ける期間も、1年を過ぎる長期にわたる通信コースであることが、多々見られます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|通常司法書士試験... | トップ | 司法書士|結局のところ…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL