13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|お仕事をやりつつコツコツ勉強して…。

2017-08-09 02:50:00 | 日記

一昔前までは司法書士試験につきましては、割とゲットしやすい資格なんていった様に述べられてきましたけど、今は至極難易度がアップし、かなり合格することができないという資格の1つになっております。
実際に講座を学ぶことができるスクール及び詳細内容等も種々ございます。それゆえ、数え切れないほどある司法書士向けに開催されている講座の中から、お仕事をされている方でしても学業に励むことができる、通信講座を実施しております専門のスクールを比べてみました。
ずっと前より、法律に関する知識が全くゼロの状態から取り組み出し、司法書士試験合格に絶対必要な合計の勉強時間は、「3000時間程度」と伝えられています。現実確かに、一発で合格を果たした人の勉強の累計時間は、大きな開きは無く3000時間くらいと言われております。
一切独学で貫きたいのは理解できるけど、試験日までの学習スケジュールの組み方ですとか試験勉強方法等に、気がかりに感じるなどの折には、司法書士試験専門の通信講座を申し込むのも、一つのスタイルといえるでしょう。
法律学部を卒業していなくとも、実務の経験がなくっても司法書士の資格はとれますがその分だけ全て独学で行うならば、学習時間も確実に要求されます。自分自身も一から独学にて合格を得たので、ひしひしと思うわけです。

日本でもナンバー10に入る難易度となっている司法書士試験に関しては、憲法はじめ11の科目の法律からいろんな問題が出題されるので、合格をゲットするためには、長期スパンの十分な試験勉強が求められます。
資格試験を受験する前に会計事務所あるいは司法書士事務所に勤め、現場で実戦経験を積んでいきながら、コツコツ勉強していくというタイプの方は、あえて言うならば通信講座が最適と思われます。
一般的に司法書士試験の主要な特徴を示しますと、評価基準に基づいた実力を問われる試験でありまして、試験合格者のマックスのキャパを取り決めていないので、要するに試験全体の難易度ランクが、絶対に合格率につながります。
お仕事をやりつつコツコツ勉強して、とうとう3度目の試験にて司法書士の合格を勝ち取った、自分の実際の体験を顧みても、ここ数年の難易度は、物凄く厳しくなってきているような気がしております。
毎年9月から、来年の司法書士試験に臨むために準備をスタートするなんて方々も、多数存在するのではないでしょうか。おおよそ一年間長い間やり通す受験勉強では、己に最善な勉強法を探し出す努力も重要です。

並大抵ではないというように名高い司法書士試験の難易度の程度は、大変高いとされ、合格率のパーセンテージも多くとも3パーセントと、国家資格内でも、最高ランクの最難関試験といえるでしょう。
普通通信教育は、司法書士試験1本に焦点を合わせた方策をパーフェクトに記載した、独自の教材が揃えられておりますから、独学でやるよりも学び方がキャッチしやすくて、勉強が行いやすいのではないでしょうか。
司法書士の試験で合格するためには、能率的な勉強法で取り組むことが、スゴク重要な点です。こちらのサイトにおいては、司法書士試験の予定及び構成参考書の良い選び方など、受験生を対象に有益となる多種多様な情報をアップ中です。
実際司法書士の業種は、オール独学でやっても合格することができる法律系国家資格のひとつです。現時点で、働いている方々が成し遂げようと努力してトライする資格としては期待ができますけれども、併せて難易度も高いレベルであります。
現実的に司法書士の資格をとる際は、完全に独学で合格実現を目指す人が少ない状況であり、別の国家試験より、使えそうな市販教材なんかも全くと言っていいほど、売り出されておりません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|ユーキャンが提供... | トップ | 司法書士|全部独学で貫きた... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL