13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|全部独学での司法書士の勉強法の選択を行う場合…。

2017-11-12 03:00:01 | 日記

実際に試験の演習問題でよく理解し基礎作りをした後、実践的&総括的な問題へとレベルアップしていく、フツーの勉強法を取り入れるのが、司法書士試験の中の簿記論科目に関しましては、まさに効果があるようです。
司法書士の試験に合格して、近い将来「自分のみのチカラで新境地を開きたい」というような大きなやる気がある方であるなら、例え司法書士の資格取得の難易度の程度がかなり高くっても、その大壁さえもきっとクリアできるでしょう。
国家資格取得試験の司法書士試験の合格率のパーセンテージは、10%前後と、高い難易度であるとよく言われているにしては、高めの合格率が出ております。ですが、一度目で合格するのは、可能性がほぼゼロというのが現実のようです。
司法書士の資格をとる場合、受験者の合格率が6%ぐらいとなっておりますので、事務系国家資格のジャンルでは、壁が高い資格に分類されています。といいましても、全試験問題の中で約6割正解すると、必ずや合格が叶います。
実際に全資格試験科目の合格率のトータル平均は、おおよそ10〜12%で、他にある難関といわれる資格よりも、いくらか合格率が高く見えてしまいますが、それに関しては各試験科目の合格率であるわけで、司法書士試験自身の合格率ではありませんから、覚えておいてください。

昔より、法律の知識無しの状況から開始して、司法書士試験合格にマストな合計の勉強時間は、少なくとも「3000時間位」とされています。実際にストレートで合格した人たちの受験勉強時間は、3000時間になっています。
合格が叶わなかった場合の、総勉強時間のリスク面を見ると、司法書士資格試験に向けては学校が提供している通信講座、その他には通学しての講座受講を利用するのが、より固いとみなしています。
一般的にほとんどの資格取得専門学校では、司法書士用の通信教育が開催されています。通信教育の講座の中には、iPodなどの携帯型デジタルプレーヤーなどを用いて、時代に即した新たな通信教育を行っている、資格取得スクールも登場しております。
合格率につきましては、司法書士資格を取得する難易度具合が理解できる判断基準の一つでありますが、ここ数年、この数値が大幅にマイナスになってきていて、受験生達で話題になっております。
全部独学での司法書士の勉強法の選択を行う場合、最大に壁となる可能性があるのは、学習している中にて疑問に思う事柄が生まれてきた場合に、回答を求めることができないということでしょう。

近ごろ司法書士の通信講座の中におきまして、最もお奨め教材は、東京リーガルマインド(LEC) でしょう。講座で使用する教科書に関しましては、司法書士を志す受験生たちの間で、最も実用性優れたテキスト本として高評を得ています。
司法書士の国家試験の合格率のパーセンテージは、とても低くて、大体1.75%と認識されています。最近では、日本には法律を専門に学ぶ法科大学院というものが新たにつくられて、そちらの教育課程を終えることが出来れば、新司法試験を受験することが可能な資格を獲得することができます。
現在における司法書士は、かなり難易度が高い内容になっていて、通信教育の選択方法で、合否の分岐点が生じます。けれども、様々に同じような会社が存在していて、どちらをセレクトすると1番良いのか、迷われる受験生もいっぱいいるとお見受けします。
法律系国家資格において、非常に専門的な業務を遂行する、司法書士と司法書士でありますけれど、現実の難易度に関しては司法書士の方が難度が高くて、加えてその活動内容にも、結構違っております。
合格率3%くらいしかない難易度が高度な、司法書士試験に合格しようとするには、オール独学での勉強だけで臨むのは、上手くいかない場合が多々あって、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して勉学に励むのが普通といえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|勉強に集中できる... | トップ | 司法書士|結論から言うなら…。 »

日記」カテゴリの最新記事