13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|1年に1度…。

2017-07-11 17:20:04 | 日記

司法書士試験の勉強をやる上で、集中力が持たなかったり、いつもモチベーションを保持し続けることが困難だったりなどのデメリットな面も実体験で経ましたけれど、総括的には通信講座をし続けて、良い結果につながったように思われます。
現実的にレッスンを受講できる専門学校も学習方法ともども実に多種多様となっています。そのため、沢山の司法書士を対象に開かれている講座の中より、多忙な方であっても学習することが出来ます、通信講座を取り扱いしております専門学校の比較をしました。
今日、学校に通っている人たちと、それほどにも大きく異ならない学習ができるようになっております。その件を出来るようにするのが、今や司法書士向けの通信講座のメジャーな教材となったDVDであります。
現実司法試験と等しい勉強法で取り組むと、未経験の司法書士試験に限る受験生よりも、勉強量+時間がとんでもないものになる傾向がみられます。また妥当な結末は迎えられず、コストパフォーマンスが低いです
あらゆる情報を集めているテキストであれど記されていない、高度な知識が必須の問題については、スッパリ断念すると良いかと思います。やはり踏ん切りをつけることも、難易度レベルが高い司法書士試験に合格するには、肝心なことなんです。

実際全科目における平均での合格率は、全体の10〜12%くらいで、様々にある他の難易度の高い資格よりも、合格率が高めであるように見えるかと思われますが、これは各科目の合格率の数値で、司法書士試験全部の合格率ではありませんから、覚えておいてください。
会社に勤務しながら並行して勉強を行い、ようやく3回目の受験で司法書士に合格できた、自分の経験をみても、このところ2〜3年の間の難易度に関しましては、大分高くなっていてさらに難関になってきているのではないかと思います。
基本的に演習問題を何度も繰り返して見識を深め基礎の部分を掴んだ後、試験対策の全体問題演習へと転換していく、いわゆる王道の勉強法を行うのが、司法書士試験の上で簿記論を極めるには、非常に有用とされています。
基本的に5種教科合格に至るまで、長いスパンを要する司法書士資格取得の試験では、ずっと勉強していられる安定した環境が、大きなポイントとなり、通信教育は、なおさらそういった事柄が言えると思われます。
基本的に司法書士試験につきましては、難易度が高いと言われております、国家資格のうちの1種です。このサイトでは、憧れの司法書士試験に見事合格するために知っておきたい勉強法などを、自分自身の合格を得るまでの経験を基礎に様々記載していくつもりです。

1年に1度、2〜3万人の人が受験し、多くとも900人強しか、合格判定を得ることが出来ません。その点を鑑みても、司法書士試験難易度が超高いというのがわかるものです。
実際1科目ごとに受験可能な科目合格制度が設けられているため、司法書士試験は、社会人受験生も受験に挑みやすいけれども、反対に受験勉強の期間が長期にわたる風潮があったりします。これまでの先人の方の適切な勉強法にチャレンジすることも必要でしょう。
超難関として周知されている司法書士試験の難易度については、めちゃくちゃ高いとされ、平均の合格率も僅か3%くらいと、法律関係の国家資格の中におきましても、トップクラスの超難関試験といえます。
昔は合格率1割以上に落ち着いていた司法書士試験でございましたが、今現在、一桁の割合となって定着しています。合格率が一桁でありますと、難易度上位の国家資格の中の一つとして、認められます。
実際に事前の法律についての知識を全く持っていないのに、短期の学習期間にて司法書士試験で合格を獲得するツワモノもいます。彼らの大部分に見受けられる共通部分は、みんな自分にマッチした「効率の良い勉強法」をチョイスできたことといえるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|一般的に通信で講... | トップ | 司法書士|簿記論の教科に関... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL