13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|リミットがある時間をフルに活かして…。

2017-08-10 12:00:03 | 日記

現実1教科ずつ受験できる科目合格制なので、司法書士試験については、社会人受験生も受験しやすいのだけれども、ところが受験勉強の期間が長めになる風潮がしばしばみられます。ですので、是非とも先達たちの行ってきた勉強法を手本にすることを提案します。
司法書士試験を受けるにあたっては、これといった受験資格というものはなくて、学歴については全く不問です。これまで、もし法律の専門的な勉強をした経験があらずとも、優秀な大学卒業の学歴を持っていないようでも、司法書士資格は取得可能であります。
網羅的なテキストでさえも掲載されていない、学識が求められる問題においては、直ちに諦める事をおすすめします。いさぎよく切り捨てるのも、難易度が高いレベルの司法書士試験にあたっては、重要事項なのです。
このサイトは、現役のプロの司法書士が、司法書士試験に向けての適切な勉強法をアドバイスし、また様々な司法書士資格専門の通信講座の受験者たちの間での意見、口コミ投稿etc.の情報をコレクトし、解説を行っている総合サイトです。
当サイトにおいては、司法書士用の通信講座(通信教育)を、的確に正しくチョイスすることができますように、客観的な立場によって品定めできます最新情報を様々揃えております。そして、それをもとにあなたが自分の目で取捨選択してください。

現実全科目での合格率の平均値は、おおよそ10〜12%で、その他の高難易度の資格と見比べて、合格率が大分高いように見えますが、それにつきましては各々の科目の合格率であるわけで、司法書士試験丸ごとの合格率ではないのです。
現実、司法書士を狙うという場合では、完全に独学で合格を実現しようとする方たちが少数派といったこともあり、その他の国家資格試験に比べると、役に立ちそうな市販の学習材もろくに、揃っておりません。
実際に司法試験と似た勉強法である場合、法律知識ゼロからスタートする司法書士試験のみに集中する専業の受験生より、勉強にかける量が大量になりやすい傾向です。さらに妥当な結果は得られず、かけた費用と比較して見合った効果は得られません。
リミットがある時間をフルに活かして、勉学に励めますので、会社に行きつつや及び家事などと二足のわらじを履いて司法書士の資格取得をしようといった考えを持っている人においては、自分のペースで取り組める通信講座は、ひときわ好都合であります。
現実的に司法書士は、誰にも頼らず独学であろうと合格することができる法律系国家資格のひとつです。特に今、会社員として勤務している人が積極的に取り組む資格としては将来性がありますが、一方でめちゃくちゃ高い難易度となっています。

税法の消費税法は、司法書士試験の科目の内では、他よりもさほど難易度は高度ではないもので、基礎的な簿記の知識を確実に理解しておくことで、割合楽に、合格するのに必要な6割以上の点数をとることが出来るといえます。
一般的に簿記論は、会得しないといけない中身はいっぱいですけど、全体的にいろんなテーマの計算試験問題で出題されますから、司法書士は割りと独学で行っても、自分のものにしやすい試験教科といえるでしょう。
長い時間を要する司法書士試験の学習は、なかなか集中力が続かないとか、同じ精神状態を保つことが困難だったりなどの不利な点も実体験で経ましたけれど、全体としてこの通信講座で、合格を勝ち取れたと思っています。
司法書士向けの通信講座にて、どれよりも一番に推奨されている学習講座は、合格実績が高いLEC です。用いる専門のテキストは、司法書士受験生のうちで、最良の教科書としてとても好評であります。
法律系資格の中で、非常に専門的な業務を執り行う、司法書士&司法書士ですけれども、難易度を比較すると司法書士の方が一層手ごわく、さらにお仕事内容についても、かなり違いが見られます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|基本的に…。 | トップ | 司法書士|毎日の生活の中で... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL