13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|ずっと独学スタイルで勉学するほどの…。

2017-06-20 15:20:09 | 日記

ずっと独学スタイルで勉学するほどの、やる気はありませんけれど、マイペースで勉強したい方には、やはり司法書士の通信講座をチョイスした方が、ベターな勉強法といえるのではないでしょうか。
昔より、法令知識皆無のレベルから始めて、司法書士試験合格に絶対に要る勉強への取り組み時間は、「3000時間程度」と伝えられています。実際にストレートで合格した人たちの受験勉強時間は、3000時間程度とのこと。
司法書士を対象とする通信講座で、第一にお奨め教材は、LEC(Legal Education Center) でございます。使うオリジナルテキストにつきましては、司法書士受験生間にて、非常に使い勝手の良い指導書として一定の評価がございます。
通常5科目合格を叶えるまでに、数年がかりとなる司法書士資格受験では、スムーズに勉強継続が出来る環境を持てるか持てないかが、大事であり、通信教育での勉強法を選ぶ場合は、まさにそうした点が言えます。
一般的に法律系の国家資格であり、高度な専門性を持った業務を担う、司法書士と司法書士ですけど、難易度のレベルは司法書士の方が難しくなっていて、それだけでなく仕事の内容に関しても、大幅に違うのです。

通学講座及び通信講座の2種類を交互に申込可能である、学校「資格の大原」に関しましては、GOODな教材各種と、及び受験指導に精通した一流の教師陣により、常に司法書士合格を獲得した人の半分の結果を出す輝かしい実績を誇ります。
世間一般的に司法書士に関しては、たった一人で独学だったとしても合格を目指せる資格とされております。今現在、働いている方々が発起して臨む資格としては期待大でありますが、背中合わせで難易度も著しくハイレベルです。
一般的に国家試験の司法書士試験の合格率の値は、10〜12%と、難易度レベルが高めと知られているにしては、合格率が高めとなっています。だとしても、初回で合格を得るといったことは、ほぼ完全に0%だと言われているようであります。
資格試験に合格できないケースの、総勉強時間のムダを思いますと、司法書士の試験については学校が提供している通信講座、それともまた直に専門学校を選ぶようにする方が、1番ではないかと思います。
一般的に国内におきましてもトップレベルの難易度として名高い司法書士試験の内容は、合計11分野の法律のうちより多種多様な難題が出題されますから、合格するまでには、1年近くの学習時間が絶対に必要とされます。

実のところ、全般的に司法書士を目指すといった際については、専門学校に行かないで独学で合格を得ようとする人が多く存在していないことも関係して、他にある国家資格試験に比べると、市販の教科書もそれ程、ございません。
仮に日商簿記検定試験1・2級を最初から最後まで独学で取り組んで、合格された人だったら、司法書士試験の中の簿記論・財務諸表論の2種教科に限定しては、ある程度慣れているから独学で合格を獲得するといったのも、なしえない挑戦ではないのでは。
事実、司法書士試験は、トップクラスを誇る難関国家資格取得試験でありますため、とりあえず司法書士対象の専門学校に通うようにする方が、ベターです。さりとて、オール独学であれど各々の人によっては、スゴク効率があるといったような事例もあるようです。
国家資格専門学校の司法書士資格取得講座を受けたいと思うのだけど、近いエリアにそれらの専門学校が存在しない、会社が忙しい、家事などで学校に通学する暇がないといった受験生のために、それぞれのスクールでは、空いた時間に勉強できる通信講座を取り扱っています。
難易度の高い「理論の暗記」を中心にして、司法書士試験の能率的な勉強法及び頭脳の開発、速聴と速読といったこと等についてもパーフェクトに掘り下げております!更には記憶術とか、勉強に取り組む上で、使えるあらゆる事柄を幅広く載せていきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|主流の資格取得ス... | トップ | 司法書士|基本的に司法書士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL