13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|司法書士試験を受けるにあたっては…。

2017-11-25 01:20:01 | 日記

当インターネットサイトは、現役で活躍している司法書士が、司法書士試験のベストな勉強法をアドバイスし、及び色々な司法書士専門の通信講座の受験者たちの間での意見、会員の口コミなどの情報をコレクトし、まとめたウェブサイトです。
国家資格の内でもトップレベルの難易度となっている司法書士試験に関しては、憲法はじめ11の科目の法律からいろんな難しい問題が出るため、合格を獲得しようとするには、長きにわたる十分な試験勉強が必ずいります。
司法書士試験を受けるにあたっては、詳しい受験の制約なんてなくって、過去を遡った学歴なんかは条件にありません。であるからして、これまで、法律の詳細な勉強を一度もやったことが無いようでも、優れた大学卒の経歴が無くとも、司法書士の資格取得はできます。
司法書士の合格を狙うには、能率的な勉強法での進め方が、何より重要です。当サイトにおきましては、司法書士試験の当日の日程ですとか問題集の選択方法など、受験者にとりまして価値ある多種多様な情報をアップ中です。
世の中的に司法書士においては、法律系資格試験の門戸の狭い入口ながらも、いろんな歳の方達に注目されており、そして合格が決まった未来には、早々に個人での事業所などを設立し、フリーで開業することも選択肢にある法律系専門資格試験となっています。

実際従前から、全くの法律知識ゼロから開始して、司法書士試験合格にマストな受験勉強時間は、「約3000時間」とよく言われています。現実的に見ても、ストレートで合格した人たちの受験勉強時間は、大きな開きは無く3000時間くらいと言われております。
毎回全試験科目の平均合格率の数字につきましては、10〜12%程度となっていて、別の難関資格以上に、合格率が高めであるように感じがちですけれど、これについては各々の試験科目の合格率ということであって、司法書士試験トータルでの合格率ではないですから、ご注意を。
根本的に司法書士試験の特徴ある点については、評価基準に基づいた試験体制で、合格者の上限人数をはじめから確定していため、結局のところ当日の問題の難易度の水準が、絶対に合格率になっています。
現実、司法書士を目指すといった際については、オール独学で合格を勝ち取ろうとする方が少数派といったこともあり、その他の国家試験より、使えそうな市販教材なんかもいうほど、本屋さんに売っていません。
基本的に演習問題を何度も繰り返して理解を深化させ地ならしを行った上で、実践的&総括的な問題へと切り替える、古典的な勉強法を取り入れるのが、司法書士試験の中の簿記論を極めるには、まさに効果があるようです。

司法書士資格に必須の簿記論は、ボリューム量は膨大なのですが、ほとんど計算問題のパターンで出るので、司法書士は、比較して独学で行っても、勉強を行いやすいタイプの科目に当たります。
大抵、司法書士試験に全部独学で合格を志すのは、高難易度と言うことを理解しておこう。それは合格率が絶対に10%以上になることがみられない現状によりましても、明らかに認識することができるでしょう。
ここ数年、司法書士試験の合格率の割合は、たった2〜3%です。必須とされる学習期間との相互バランスを一考すると、司法書士の試験内容がどんなに高難度かが知ることが出来るのでは。
直に学校で教わる通学講座と自宅で学ぶ通信講座を掛け合わせて受講可能な、長年の実績が名高い「資格の大原」は、GOODなテキストブックと、経験豊富な講師陣で、毎回司法書士合格者の半分以上の合格者を世に送り出す高い実績を有しています。
司法書士の資格試験制度の改変とともに、それまでの運・不運による博打的な内容が削除されて、正しく技能の有無を大きく問われる高難度の試験へと、司法書士試験はリニューアルしたんです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|簡単に言うなら「... | トップ | 司法書士|合格率の値が一桁... »

日記」カテゴリの最新記事