13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|司法書士試験に関しましては…。

2017-08-05 18:50:01 | 日記

現実難易度が高度な国家資格試験ですが、それぞれの科目ごとにその度ごとに受験しても良いので、そのため司法書士試験は、1回に5万人強が受験を行う、難関試験でございます。
つまり専門スクールに行かないでも独学で行っても、正しく、司法書士の仕事について理解することができましたならば、資格を取得することは難しいことではありません。と言っても、そうしようとするためには寝る間も惜しんで、長い勉強時間を持つことが要されます。
言ってしまえば「足切り点」(第一段階選抜)としたような受験のシステムが、司法書士試験の上ではあるのです。つまりは、「範囲内の点数に到達していないと、不合格の判定になります」という水準点がございます。
中には30万以上、あるいは50万円以上の金額の、司法書士受験用の通信講座といったものもよく見られます。この場合講座を受講する期間も、1年以上継続の長期に及ぶカリキュラムとなっているケースが、結構普通です。
2006年度(平成18年)から、司法書士試験の問題内容は、グンと変わりました。従前と異なる点は法令科目が、重点を置かれるようになって、多肢選択方式の問題やまた、記述方式問題みたいな今までなかった流れの問題も多く出題されております。

勘違いの勉強法を実践して、ハードな道に行ってしまうことほど、もったいないことはないでしょう。絶対に能率的なやり方で短期間で合格をゲットし、司法書士の地位に就きましょう。
現在は司法書士試験で合格を目指す、ウェブサイトはじめ、経験豊かな司法書士が、受験をする人たちにあててメールマガジン等をリリースしていて、情報処理力はじめ積極的な精神をより高めるにも活用することができるでしょう。
司法書士試験の勉強をやる上で、長時間集中力の持続が出来なかったり、いつもモチベーションを保持し続けることが辛かったりというデメリットな面も感じておりましたが、全体的に見て通信講座をセレクトして、良い結果を得られたといったように考えております。
学校で法律を学んでいなくっても、及びNO知識&経験であれど司法書士の仕事に就くことは可能なわけですが、その分やはり完全に独学であるケースは、長時間の勉強をこなすということも絶対に必要です。小生もまるっきり独学で合格を勝ち取ったので、心底思います。
リミットがある時間をフルに活かして、習得することが可能なため、会社通勤かつまた家事などと両立して司法書士の資格をとろうと考慮している方たちには、通信講座を受講するというのは、スゴク便利でしょう。

通常例題で基礎的な学習能力を養い基礎の部分を掴んだ後、試験対策の全体問題演習へとスウィッチしていく、昔からのオーソドックスな勉強法で進めていくのが、いざ司法書士試験の簿記論対策に、実効性があるようです。
全部独学だけに限定して学ぼうとする、自信はゼロですが、己の進度で勉強を取り組みたいとした方であれば、事実司法書士専門の通信講座を選定した方が、効率的な勉強法といえます。
大多数の資格取得スクールにおきましては、司法書士資格取得の通信教育が存在します。それらの内には、iPod等の携帯端末だとかUSBメモリなどを使って、近代の最先端のツールで通信教育を実施している、学校なんていうのも出てきました。
司法書士試験に関しましては、相当難しいレベルの法律系国家試験ですから、信頼できる専門学校に入学した方が、ベターです。しかし、独学で行っても個人により、とても効果がみられるというような実例もよくあります。
司法書士試験を受けるにあたっては、これといった受験資格というものはなくて、学歴の有無は制限がありません。そのため、過去に、例え法律に関しての学習を全く行ったことがないようでも、頭の良い大学を卒業していなくっても、司法書士の資格をとることは可能でございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|このWEBサイト... | トップ | 司法書士|基本司法書士試験... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL