13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|それぞれの科目毎の合格者の合格率は…。

2017-06-16 06:50:02 | 日記

司法書士試験といいますのは、司法書士を生業にするために必要不可欠な高い学識、並びにそれを応用する能力を有するか否かを、チェックすることを大きな目的として、公的に開催されている難易度の高い国家試験です。
実際事例や演習問題でよく理解し基礎作りをした後、実践の総合的な各問題へとスキルアップしていく、いわゆる王道の勉強法で取り組むのが、司法書士試験のうちの会計科目の簿記論におきましては、かなり効果的みたいです。
司法書士の合格者の合格率は、1・2%程度といった結果があります。つい最近では、日本にもアメリカ合衆国のロー・スクールをモデルとして法科大学院というところができ、その教科過程を終えることが出来れば、新司法試験を受験する際に必要な資格が得られるようになっています。
司法書士試験につきましては、実際は筆記試験(記述式問題)だけしか無いと、考えてもOKです。なぜならば、口述試験に関しては、余程マズイことをしない限り落ちるはずがない難易度の低い試験のためでございます。
正直DVDでの映像授業ですとか、テキストを見て行う学習の仕方に、多少不安になってしまうのですが、実際通信講座を活用して、司法書士試験に合格した方もいっぱいおりますし、独学する選択をとるよりも、合格への道が近いと思うようにしています。

司法書士資格取得スクールの司法書士向けのレッスンを受講したいんだけど、近隣にそれらの専門学校が存在しない、仕事が忙しくて残業続き&休みがない、家の用事などで学校に行く時間がないという方たちに対して、各学校毎にて、自分のペースで取り組める通信講座のサービスを設けています。
実際とても難しいというように知られている司法書士試験の難易度状況は、とっても高いとされ、合格率のパーセンテージも多くとも3パーセントと、国内の国家資格の中でも、上位の難関の試験となっています。
それぞれの科目毎の合格者の合格率は、ほぼ1割位と、いずれの科目ともに高難易度の司法書士試験は、科目合格制度のシステムを設定しているため、日中も働きながら合格することも決して不可能でない、資格です。
ずっと前より、法律の知識を何も持たず取り掛かって、司法書士試験合格に必要とされております試験勉強時間は、「3000時間少々」というデータがあります。実際的に一発で合格を実現した方たちの勉強の総時間は、3000時間ちょっとという数字が挙げられています。
司法書士の合格を狙うには、しっかりした勉強法で進めるのが、大変大事といえます。このインターネットサイトでは、司法書士試験の当日の日程ですとかお勧めの教科書のセレクト方法など、受験生向けの役立つ情報等を紹介しています。

100パーセント独学にて司法書士試験合格を狙うには、自分なりに合う勉強法を習熟することが必要です。ともあれそのために、著しく優良な方策は、先陣の合格者がやった勉強法をそっくりそのまま実行することでしょう。
ユーキャンが提供している司法書士資格取得講座は、毎年毎年約2万人の方たちに活用されておりまして、ほとんど法律の知識が無いという方であったとしても、一歩一歩資格が取得できる実力を自分のものにできるといった、国家資格人気上位の通信講座とされております。
実際に会計事務所であったり司法書士事務所勤めをして、本格的な経験を積んで実力をつけながら、ちょっとずつしっかり学ぶといった人の場合は、どちらかといって通信講座(通信教育)が1番合っているだと言えます。
国家資格試験の司法書士試験の合格率の値は、10%〜12%と、難易度レベルが高めと知られているにしては、国家資格内でも高い合格率を出しています。ただし、初めてのチャレンジで合格を手にするのは、極めて困難で望みが薄いと昔から言われているようです。
実際司法書士試験に関しては、年齢についてや性別、これまでの学歴などの制限は無いため、どういった人であれど受験してもオッケーとなっています。そのため法律に関係する知識ゼロの未経験者であっても、ちゃんと受験に対しての方策を立てることで、合格することも不可能ではないですよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|ここ数年…。 | トップ | 司法書士|誰にも頼らず独学... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL