13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|司法書士試験の注目すべき特徴を挙げると…。

2017-11-24 12:10:00 | 日記

一般的に国内におきましても上位の難易度といわれている司法書士試験の概要は、11分野の科目の法律から多くの難しい問題が出るため、合格を狙うには、長いスパンでの勉強時間の確保が必要になってきます。
実際のところDVDでの映像教材とか、教科書を見る受身の勉強法に、ちょっとばかり不安を持っていますけれど、現に通信講座を利用して、司法書士の難関資格を取った先達も多数存在していますし、全部独学で実行するよりは、安心できるのではないかなと思っています。
本来司法書士試験は、スゴク高難易度でございます。合格率の数値は、たった10%〜12%となっております。とは言え、一回に絞った試験でチャレンジせず、何年もかけることで合格しようとするのであれば、それ程ヘビーなことではないといえます。
やはり司法書士に合格するには、しっかりした勉強法で行うのが、特に肝要です。こちらのサイトにおいては、司法書士試験の試験日であったり参考文献の選び方等、受験生に有用な色々な情報をとりまとめました。
司法書士試験の注目すべき特徴を挙げると、成績そのものを評価する試験方法でありまして、資格合格者の総数を前もって設定していないので、結局のところ当日の問題の難易度そのものが、直接合格率に関係することとなります。

通学講座及び通信講座の2種類のコースを組み合わせて利用できる、CMでも有名な「資格の大原」は、優れた指導書と、及び受験指導に精通した一流の教師陣により、司法書士合格者全体の50%の人数の成果を上げる信頼と実績があります。
以前は合格率の値が10%位をキープしていた司法書士試験も、今となっては、10%よりも低い率におさまっています。合格率が全体の一桁といいますと、難易度上位のランキング上位の国家資格として、考えてもいいでしょう。
最初から最後まで独学で司法書士試験合格を叶えるためには、自分なりに確実な勉強法を見出さなければなりません。ともあれそのために、他の何よりも最良な取り組み方法は、試験に合格した先輩たちが実行していた勉強法を全て真似てしまうことです。
長期間にわたる司法書士試験勉強は、集中力を保つことが困難だったり、いつもモチベーションを保持し続けることが苦しいというようないくつか難点も結構あったわけですけど、総合的に見て通信講座を選択して、合格することができたと感じています。
現在の司法書士に関しては、合格率の割合が6%前後と周知されておりますので、デスクワーク・事務系資格では、難易度が高い資格だと言えます。とは言っても、全ての問題の内60%以上正解になれば、合格できるのです。

現実的に司法書士を狙うという場合では、完全独学にて合格しようとするとした人たちが少な目で、司法書士以外の法律系試験と照らし合わせると、市販テキストの種類も全くと言っていいほど、販売されてません。
当ホームページでは、司法書士の受験対策の通信教育を、失敗しないようにセレクトができますように、公平に品定めできます最新情報を色々載せていきます。それらを基に、後は己自身で最適なものを選んで。
色々利点がある、司法書士資格の専門スクールに通学する効率良い勉強法ですが、普通十万以上のそれ相応の料金が要されますから、全ての人が受講できるわけじゃないでしょう。
実際に合格率が10%以下と、司法書士試験は難易度のレベルが高い難関の試験といえます。ですけど、それを必要以上恐れなくても良いです。地道に努力を積み重ね続けることにより、誰であろうと卒なく合格への道は目指せるんです!
司法試験と同じ勉強法でございますと、0からはじめる司法書士試験のみの専業受験生と比較して、全体の勉強量がものすごくなりがち。加えて妥当な結果は得られず、コスパが低くなっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|実際合格率約3%... | トップ | 司法書士|通信講座(通信教... »

日記」カテゴリの最新記事