13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|誰にも頼らず独学での司法書士資格試験の勉強法を選択する時に…。

2017-06-16 10:20:04 | 日記

オール独学で司法書士試験合格を叶えるためには、自分なりに正確な勉強法を試行錯誤して発見しなければいけないものです。ともあれそのために、殊に最良な取り組み方法は、先達が実施していた勉強法を全て真似てしまうことです。
誰にも頼らず独学での司法書士資格試験の勉強法を選択する時に、最大に問題としてあらわれやすいのは、学んでいる間に不明な点があるといった際に、問うことが出来ない点です。
現実、司法書士の資格取得をしようとする折は、予備校に通学せずに独学で合格を勝ち取ろうとする方が少ない状況であり、別の法律系国家試験と見比べて、市販の学習テキストもあんまり、取り揃っておりません。
通信教育(通信講座)だと、司法書士試験1本に焦点を合わせた方策を十分に施した、資格取得向けのテキスト教材が取り揃っているため、独学と比較して学び方が得やすく、勉強が効率よくできると断言します。
限られた時間を有効に使用して、勉強を進めることができるため、普段のお仕事や家の用事などと両立しての司法書士の資格取得をしようといった考えを持っている人においては、空いた時間に出来る通信講座は、特に利便性が高いものです。

司法書士試験に関しましては、各科目120分しか受験の時間がないです。そうした中で、合格可能な点数を獲得しないといけないため、勿論のことながらスピード力は必須事項です。
司法書士試験の合格率は、概ね1.75%と公表されています。近ごろでは、法律専門研究の法科大学院といったものが設けられて、その教科過程を終了したら、新司法試験を受けられる資格が得られるようになっています。
必須教科の5科目に合格することが出来るまで、数年を必要とする司法書士資格受験では、学習を継続することが出来る十分な環境条件が、重要で、通信教育での勉強法を選ぶ場合は、なおさらそういった部分が言えます。
今や合格率7%未満と、司法書士試験についてはかなり難易度の高い試験とされております。とは言っても、行過ぎるくらいビビることはありません。全力を注げば、誰であってもバッチリ合格を勝ち取ることが出来ます!
どの問題集を利用して勉強をするのかというよりも、どんな種類の勉強法を選んで実行するのかということの方が、明らかに司法書士試験で合格を勝ち取るためには肝心だと言えます。

司法書士試験の試験勉強を行う過程においては、集中力維持が難しかったり、常にモチベーションをキープすることが難儀だったり等と弱点も実体験で経ましたけれど、総括的には通信講座を受けて、合格への道が切り開けたと感じています。
日本の国家資格のうちでも非常に難関と言われている難易度となっている司法書士試験に関しては、全11科目の法律の範囲より色々な難題が出題されますから、合格を目指すには、長期に及ぶ取り組みが必ずいります。
従前は司法書士試験につきましては、相対して手に入れやすい資格といった風に言われ続けてきましたが、今は物凄く難しくなっており、めちゃくちゃ合格をゲットすることができないという資格とされています。
法律系の大学卒業の資格がないといけない必要も、過去に実務経験無しでも司法書士の仕事に就くことは可能なわけですが、けれどもそれだけまるっきり独学という際には、学習時間も絶対に外せません。自分自身もオール独学で合格を手に入れたため、心底思います。
他よりもかかる費用が安い、問題が出題される範囲を絞って、学習の量を少なくしたカリキュラム設定、高精度の教本セットなどが好評の高合格率を誇るフォーサイト。司法書士対象の通信講座と言えば名前が一番に挙がる、というほど、高い人気を誇っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|それぞれの科目毎... | トップ | 司法書士|司法書士に関して... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL