13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|実際に通信教育講座ですと…。

2017-06-28 17:20:09 | 日記

やっぱり司法書士試験を受験するにあたっては、全力を注がないようだと良い成果を得ることが出来ない、難易度の高い資格試験だと考えております。言ってしまえば確保できる大事な時間を効率的に使って受験勉強をコツコツ続けた方が、合格を得られる結果となるのです。
課税等の消費税法は、司法書士試験の科目の内では、そんなにも難易度は高めではあらず、初歩的な簿記の知識から掴んでおくことによって、割り方イージーに、合格ラインに達することができる可能性が高いです。
従前は合格率の数字が10%強が当たり前だった司法書士試験でしたが、現在、一桁の数値にて停滞しております。当然合格率が一桁といえば、難易度上位のランキング上位の国家資格として、認められます。
必須分野の5科目に合格するまで、長期間かかる司法書士国家試験では、学習を継続することが出来る態勢をつくることができるかが、大きなキーポイントであり、通信教育のコースにつきましては、大いにその要素が言えます。
現実的に司法書士試験につきましては、スゴク高難易度でございます。合格率で言えば、10%ちょっとです。されど、一回のみの試験ではあらずに、何年間かかけて合格を狙うつもりなら、それ程やってやれないことではありません。

実際に会計科目の簿記論は、暗記するべき総量は多いですが、ほぼ完全に計算問題メインにてつくりだされているため、司法書士に合格するには他の国家資格と比べても、独学で行っても、身に付けやすい専門科目となっています。
毎回全試験科目の合格率のトータル平均は、およそ10〜12%くらいで、他のハイレベルな資格よりも、合格率が上のように思ってしまいますが、それは科目毎の合格率の平均値であって、司法書士試験そのものの合格率ではないので、頭に置いておくように。
世間一般的に司法書士に関しては、わざわざ専門学校に通わず独学であっても合格を実現できる国家資格の一つでございます。現時点で、仕事をしている人たちが決心して取り組む資格としては可能性が高いわけですが、それと同時に難易度もハイレベルとされています。
合格率の割合が平均7%といいますと、司法書士の国家試験は相当難易度が厳しくって大変そうですけれど、絶対評価で到達点数の合計60%以上の試験問題をしっかりクリアすれば、合格実現は決定となるのです。
各教科の合格者の合格率は、およそ10%そこそこと、各科目とも難易度が高くなっている司法書士試験は、科目合格制度を設けているため、日中も働きながら合格を目指せる、資格といえるのです。

司法書士の役割を果たす身近な街の法律家として、社会貢献が期待されております司法書士については、社会的な地位のある資格に挙げられます。それに伴い、試験の難易度のレベルに関しても著しく高めであります。
毎度大抵、司法書士試験の合格率の値につきましては、大体2〜3%程度でございます。必要なトータル勉強時間との双方のバランス加減を考慮しますと、司法書士の試験がどの程度難易度が高いか分かるでしょう。
中には法科大学院の修了者であれど、試験に不合格となることがあるわけですので、本質を突いた最善の勉強法を検討しチャレンジしなければ、司法書士試験で合格を勝ち取るのは難関といえるでしょう。
現実的に合格判定が出なかった時の、学習を行う合計時間のリスク面を見ると、司法書士資格受験は専門予備校の通信講座、OR通学タイプの講座を選択する方が、確実でしょう。
実際に通信教育講座ですと、司法書士試験に的を絞ったアプローチ策を完全にとりまとめた、特化した教材が存在しますから、独学で取り組むよりも勉強の手順が会得しやすく、勉強がはかどりやすいと存じます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|難易度高の法律系... | トップ | 司法書士|原則的に司法書士... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL