13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|司法書士試験につきましては…。

2017-06-15 06:40:03 | 日記

課税等の消費税法は、司法書士試験科目内では、あまり難易度は高くなっておらず、簿記の基本の知識を確実に理解しておくことで、割合楽に、合格するのに必要な6割以上の点数をとるということが可能になるといえます。
司法書士試験につきましては、本音で言えば筆記試験(記述式問題)だけしか存在せずといったように、判断して問題ないです。何故なら、口述での試験なんかは、90パーセント以上の割合で不合格扱いにならない簡単な試験だからです。
国家資格の内でも、高い難易度とされている司法書士でありますが、合格するまでの道がキツイからこそ、資格取得を成し遂げた先には需要の高さや年収、加えて名誉ある地位を持てる可能性もあります。
実際全科目における平均的な合格率の割合は、おおよそ10〜12%で、他の難関国家資格よりも、合格率が高いように見えますが、それにつきましては各々の科目の合格率の値であり、司法書士試験全部をひっくるめた合格率ではありませんので、勘違いしないようにしましょう。
通信講座を受講する折には、司法書士だとか司法書士であろうと、どちらとも受講者のお家まで必要な教材等を配送して貰えますので、あなた自身のペースで、勉強を行うことができるものです。

昔から司法書士試験においては、そう簡単ではないと言われている、法律系国家資格の1つ。このサイトでは、夢の司法書士試験に確実に合格するために有効な勉強法などを、自らの合格を得るまでの体験記を基とし詳しく書いていきます。
今は、学校に通っている人たちと、あんまり違いがみられない勉強を実行するといったことができるのです。そのことを現実のものにするのが、今はもう司法書士資格取得の通信講座のメジャーな教材と言われておりますDVD教材です。
司法書士試験の注目すべき特性の1つとして評価基準に基づいた試験で行われていて、合格者数の定員をのっけから定めていないので、すなわち本番の問題の難易度レベルが、絶対に合格率になっています。
実際司法書士試験に関しては、1科目ごとで2時間しか受験時間があてられておりません。そういった中にて、合格できる点を取得しないといけないので、もちろん迅速な回答は求められます。
日本国内の司法書士試験の合格率に関しましては、10%強と、物凄く難関と言われております割には、他と比較して高合格率となっています。だけど、初めてのチャレンジで合格を可能にするのは、限りなく0%に近いということがわかっています。

普通司法書士試験を受験しようとする場合、年も性別ともに受験の資格なんか無く、過去を遡った学歴なんかは限定されておりません。なので、それまでに、法律についての学習を全く行ったことがないようでも、名高い学校を卒業しておらずとも、司法書士の資格は取得可能となっています。
完全に独学にて学習するほど、心の強さはありませんが、己の進度で学べればという人には、やはり司法書士の通信講座を行った方が、条件に合った勉強法といえるでしょう。
サラリーマンをやり続けながら資格をとるための勉強をして、やっと3回目の試験で司法書士に合格することができた、己の乗り越えてきた経験を見つめ直しても、このところ2〜3年の間の難易度は、相当高難度になってきているのではないでしょうか。
無論、司法書士試験といいますのは、半端な行動では合格へつながらない、ハイレベルな試験であるといったように思えます。即ち少しでも使える時間があったら手際よく使って受験勉強に努力した人のみが、合格に近付ける試験なのでございます。
高度な知識や経験を必要とする法律の内容で、難易度がスゴク高度でありますけれど、元々司法書士試験では、社会人も受験しやすいように科目合格制度を設定しておりますので、教科をひとつずつ5年にわたって分けて合格することも、アリの試験とされています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|全部独学だけに限... | トップ | 司法書士|司法書士資格の試... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL