13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|一般的に通信で講座が学べる学校もスタイルもともに実に多種多様となっています…。

2017-07-11 12:30:02 | 日記

一般的に5分野の科目合格にまで、年数を要することになる司法書士受験においては、継続して学習する時間をさくことが可能な環境が存在するかしないかといったことが、肝で、学校通学ではなく通信教育コースに関しては、一段とその部分が言えるかと思います。
一般的に高難度と広く知られております司法書士試験の難易度に関しましては、めちゃくちゃ高めで、毎年の合格率もたったの2%・3%と、法律系の国家資格の中でも、トップを誇る難関の試験となっています。
一般的に通信で講座が学べる学校もスタイルもともに実に多種多様となっています。なので、いくつもの司法書士専門講座の中から、なかなか勉強時間を確保できない方であっても空いた時間に勉強できる、通信講座を実施しております教育機関を照らし合わせてみました。
司法書士試験に関しましては、高難度の法律系国家資格試験とされているので、経験豊富な教師陣が揃った予備校に入学した方が、間違いないといえます。でも、独学で臨んだとしても人により、非常に効果が期待できるようなこともしばしば見られます。
実際に司法書士試験では、1つの科目で各120分しか受験時間があてられておりません。受験者はその中で、合格水準の点を絶対にあげないといけないので、当然ながら正確な解答スピードは必要不可欠です。

実際簿記論におきましては、把握しないといけない内容量はいっぱいですけど、100%の割合で計算タイプの試験問題で組み立てられているため、司法書士に合格するには他の国家資格と比べても、独学で臨んでも、マスターしやすい分野の試験科目となっております。
大抵全ての科目の合格率の平均値は、10%から12%前後で、他のハイレベルな資格よりも、合格率が若干高いように思えますが、これに関しては教科毎の合格率の割合であり、司法書士試験トータルでの合格率ではないのです。
一般的に国内におきましてもケタが違う難易度といわれている司法書士試験の概要は、全11科目の法律の範囲より沢山の問題が出されるから、合格をしようとするなら、長期間の学習をすることが必須であります。
現今の司法書士試験については、現実的には記述式の筆記試験だけしかこなさなくてよいと、考えていいです。その理由は、面接での口述試験に関しましては、ほとんどの方が落ちるはずがない難易度の低い試験のためでございます。
法人税の個別の検討論点に取り掛かりましたら、関係する試験の演習問題になるだけチャレンジして、しっかり問題を解き慣れるようにしておくといった勉強法を新たに盛り込むというのも、司法書士試験の中での簿記論対策に関しましては特に有効であります。

つい最近の司法書士は、物凄く難易度の高い問題が出題されており、通信教育の会社・カリキュラム選びで、合格不合格の判定が決まってきてしまいます。とは言っても、沢山の会社が存在しているから、何処を選ぶのがベストなのか、なかなか決められない人も多いでしょう。
通信講座のケースですと、司法書士だとか司法書士であっても、いずれとも住まいまで学習書などを宅配していただけるんで、各人で予定を立てて、勉強に励むとしたことが可能であります。
くらしをサポートする法律家として、活躍可能な司法書士の受験をする際は、条件・経歴は必要とされておりません。どなたでもトライできますので、いくつもある通信教育の資格講座の中でも、性別は関係なしに幅広い層の方達から人気が集まっている資格コースとされています。
押しなべて、司法書士試験に独学スタイルで合格するといったことは、生半可な努力では無理ということを理解しておこう。毎年の合格率が全体の10%に満たない状況となっていることからも、明らかに推し量れるものであります。
実際通信教育においては、テキストなど教材一式のレベルが大きく影響します。昨今ではDVDですとかオンラインでの動画配信などの映像教材も豊富に揃っていますが、司法書士の資格専門学校によって、詳細な内容はかなり異なります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|科目合格制となっ... | トップ | 司法書士|1年に1度…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL