13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|ちょっと前までは一般的に司法書士試験は…。

2017-08-06 15:20:00 | 日記

ちょうど今、ないしは先々、司法書士資格取得試験に専門学校にも通わず独学で挑む人を対象として公開しております、情報配信サイトになります。その中では合格をする為のチェックしておくと良い注意点や勉強方法の助言、お仕事の中身、プラスそれらの魅力度などをお届けしています。
最初からずっと独学で通しているけど、日程調整かつ試験勉強方法等に、心配が生じるというケースでしたら、司法書士試験を受ける人を対象とする通信講座で勉強するというのも、それも1つの選択かと考えます。
一口に言って「足切り点」(定められた基準点)という門前払いのシステムが、司法書士試験には存在します。簡潔に言えば、「範囲内の点数以下ならば、落ちてしまいますよ」というような点がございます。
講義を収録したDVDや、テキストを活用しての勉強スタイルに、ちょっとばかり心配&不安があったりするのですけど、現実で通信講座を受け、司法書士の国家資格を得た方もいっぱいおりますし、完全に独学するよりは、まだマシというように感じています。
国内の法人税法に関しましては、経営を行っていくにあたって、必須の基本の知識です。しかし、覚えなければいけない量がかなり沢山あるため、受験者の中においては司法書士試験の最難関といった風に伝えられています。

ちょっと前までは一般的に司法書士試験は、割かし獲得しやすい資格といった風に言われ続けてきましたが、最近は大変門戸が狭くなってきており、ちょっとやそっとじゃ合格することができないという資格の1つになっております。
ずっと前より、法律知識無しのステージから取り掛かって、司法書士試験合格に要する勉強の総時間は、一般的に「3000時間超」と言われます。調査してみても、一発で合格を実現した方たちの勉強の総時間は、3000時間超とされています。
現実国家試験の司法書士試験の合格率に関しましては、10%強と、難易度レベルが高めと知られているにしては、合格率が高めとなっています。けれど、一回目の試験で合格するのは、0%に限りなく近いと聞かされました。
限られている時間を有効的に活用し、勉強が行えるため、会社へ行きながらや且つ家事などと両方かけもちして司法書士の資格を取得しようと取り組んでいる方には、通信講座受講は、大いに好都合であります。
一般的に司法書士試験は、高い難易度を誇る国家試験と挙げられておりますので、勉強法が確立出来ていない方は専門学校に通学した方が、堅実といえるでしょう。しかしながら、全部独学で挑んでも各人によって、とても効果がみられるなどのケースもあるわけです。

実際に専門的特性の試験の内容ですから、難易度がスゴク高度でありますけれど、元々司法書士試験では、科目合格制度のシステムを取り入れているから、教科をひとつずつ1年1教科で5年にわたり合格を獲得していくやり方も、オッケーとされている試験となっています。
なるべくリスクヘッジ、堅実に、用心するに越したことはないという目的で、司法書士試験を目指す場合、司法書士向けの専門学校に通学した方が安心ですが、しかしながら独学を選択する考えも不都合はございません。
司法書士試験を受ける際は、事実上筆記試験しか用意されていないと、思っていて構わないといえます。そのワケは、もう一つの口述試験は、余程マズイことをしない限り落ちるなんてことの無い簡単な程度の試験だからであります。
実際司法書士試験を独学でやるのは、本当に難易度の高いことですが、前向きに頑張りたいと思っているという人は、最初に必須とされる会計科目の学習から取り組むとベターでしょう。
一般的に国家資格の内においても、難易度レベルが高い司法書士とされておりますが、他よりも合格へ行き着くまでの道がハードであるほど、ついに資格取得を果たした先は売り手市場やお金、ともに憧れるステータスを手にすることができる現実も近づきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|暮らしに役立つ法... | トップ | 司法書士|毎年毎年…。 »

日記」カテゴリの最新記事