13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|一般的に司法書士試験をオール独学で貫くというのは…。

2017-07-13 20:00:00 | 日記

どういった問題集を使用して学ぶのかというよりも、どういった効率の良い勉強法で実行するのかという方が、確実に司法書士試験で合格のためには大事であります。
関門であるといわれております「税法の理論暗記」を中心とし、司法書士試験の効率良い勉強法や頭脳の訓練、速聴・速読法ということ等についてもパーフェクトに掘り下げております!他暗記法の秘訣であったり、学習に、有益な多様なツールをこのサイトで情報発信していきます。
現実難易度が高度な試験なわけですけれど、個々の科目ごと分けて受験するといったこともできることによって、それにより司法書士試験は、毎年毎年5万人強が受験に取り組む、受かりづらい試験なのです。
なるべくリスクヘッジ、石橋を叩いて渡る、用心を重ねてという目的で、司法書士試験を目指す場合、司法書士向けの専門学校に行く方が効率的ですが、独学で行うというのを選択肢の中に入れたとしても問題ないかと思われます。
毎年合格率が約2・3%の超狭き門の、司法書士試験にて合格をゲットするには、独学スタイルでの試験勉強のみでは、一筋縄ではいかないことがよくあり、スクール通学OR通信講座を受けるかのどちらかで受験に向けて勉強をするのが通常であるといえるでしょう。

一般的に司法書士試験をオール独学で貫くというのは、大変厳しいことでありますけれども、独学で挑戦しようと思っているという人は、まずもって会計に属する科目をマスターすることから開始すると良いかと思います。
司法試験と同等な勉強法で進めると、0からはじめる司法書士試験だけの受験生に比べ、全体の勉強量がものすごいボリュームになる可能性あります。それだけでなく条件に見合った結果は生じず、費用対効果が望めません。
司法書士の役を担う暮らしの法律家として、活発な働きが要求されます司法書士の立ち居地は、社会階級の高い法律系資格であります。よって、それだけに試験内容の難易度も大変厳しいものであります。
本来合格率といいますと、司法書士受験の難易度が高いかどうかを表わす確たる指標の1つですが、近年においては、このパーセンテージがハッキリと下り坂になっており、受験生の皆さんで話題になっております。
メリットが多くあげられる、司法書士の資格学校に足を運ぶ効果が期待できる勉強法ですが、トータルで数十万円という一定レベルの料金が掛かるため、どんな人でもやれるとは言えるはずもありません。

以前から、法令知識皆無のレベルから始めて、司法書士試験合格に確保すべきトータル学習時間は、一般的に「3000時間超」と言われます。調査してみても、1回で合格を決めた方の総勉強時間は、3000時間超とされています。
世間的に司法書士の資格取得は、法律上の資格試験の難関でありながら、各世代に人気があるその一方にて、合格を勝ち取った先々には、自分自身のオフィスをイチから構え、フリーで開業することも選択肢にある唯一の法律系専門試験なんです。
司法書士試験の受験勉強をする上では、集中力が長く続かなかったり、モチベーション維持やコンディションを整えることが困難だったりなどの短所も実感しましたけれども、総括的には通信講座を受講して、良い結果につながったといったように考えております。
毎度大抵、司法書士試験における合格率は、大体2〜3%程度でございます。勉強に費やす合計時間との互いの釣り合いに目を留めると、司法書士資格試験がどんだけ難関となってるかご想像いただけるかと思われます。
勉強に集中できる学習時間が日常生活で結構確保することができる受験生であれば、オーソドックスな勉強法でやり通すことで、司法書士試験の合格も望めますが、常日頃会社など時間に余裕がない人に対しては、最善な方策とは言い切れません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|合格率の割合が全... | トップ | 司法書士|DVD講座や…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL