13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

司法書士|根本的に科目合格制だから…。

2017-11-23 18:00:00 | 日記

当然、司法書士試験に関しては、半端な行動では満足のいく成果がみられない、難しい試験だと心底思います。要するにちょっとでも空いた時間があれば上手に利用して試験勉強を継続した努力家だけが、最終的に合格する試験であります。
個々の教科の平均の合格率については、大方10%辺りと、どの科目ともに難易度が高めの司法書士試験は、科目合格制となっておりますため、仕事に就きながら合格を実現できる、間口の広い資格といえます。
現在の司法書士に関しては、合格率の割合が6%前後とされていて、事務系国家資格のジャンルでは、ハードルが高い資格になっています。ですけど、全部の問題中6割以上正しく答えられたならば、絶対に合格実現できます。
一般的に司法書士の合格率の数値は、とても低くて、大体1.75%と知られております。今日、日本にもアメリカ合衆国のロー・スクールをモデルとして法科大学院が建てられ、その学校のカリキュラムを済ませれば、新司法試験を受験することが可能な資格をゲットすることが可能です。
実際に事前の法律に関する知識など無いのに、短期間の勉強期間にて司法書士試験合格を果たす先達も存在します。合格をした方々に共通する部分は、自らに合う「ベストな勉強法」を取捨選択するということが出来た点であります。

受験制度の作り変えと同時に、従来の運・不運に振り回される博打的な内容が全てなくなって、純粋に適格性があるのかが見られる資格試験へと、今日の司法書士試験は基本から作り直されました。
オール独学でやっていて、学習の時間管理や勉強の方法についてなどに、少々心配になるといったような場合は、司法書士試験に対応する通信講座(通信教育)を受講するのも、1種のアプローチ法といえます。
当然司法書士試験を独学にて行うのは、大変難しいことではありますけれど、それでも挑んでみたいと望んでいる人は、先に財務諸表論等の会計科目を学ぶことから挑むと良いかと思います。
根本的に科目合格制だから、司法書士試験に関しましては、社会人の方も受験にトライしやくなっておりますが、同時に受験に費やす時間が長期化することが通例です。これまでの先人の方のやってきた勉強法を手本にするとよいのではないでしょうか。
通学授業プラス通信講座の2タイプを順番に受けられる、学校「資格の大原」に関しましては、満足のいくテキスト一式と、ベテランの講師たちにより、長年司法書士合格者の2分の1を世に送る高実績を誇っております。

実際に司法書士試験の勉強をやる上におきましては、集中力維持が難しかったり、同じ精神状態を保つことが困難だったりなどのデメリットな部分も実体験で経ましたけれど、総合的に見たら通信講座を受けて、資格を取得することが実現できたと心底思います。
常に何でも「法律を基軸としたモノの見方が備わっている方」であるかそうでないのかということを確かめるような、スゴク難易度の上がった試験としていわれているのが、近ごろの司法書士試験の現実の姿ではないでしょうか。
司法書士の役割を果たす地域に寄り添った法律家として、活発な働きが要求されます司法書士の立場は、威信を伴う国家資格です。だからこそ、試験内容の難易度もとても高くなっています。
毎回合格率がたった3%のハイレベルの、司法書士試験で合格を狙うには、1人独学での受験勉強だけでやるのは、厳しいことが色々あり、専門学校に通うか、家で通信講座を受けて受験勉強に取り組むのが通常であるといえるでしょう。
当然ながら司法書士の合格を目指すには、能率的な勉強法で行うのが、スゴク重要です。このネットサイトでは、司法書士試験のスケジュールやかつお勧めの教科書のセレクト方法など、受験者にとりまして価値ある様々な情報を発信しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|超難関とされてお... | トップ | 司法書士|ほぼ独学でやって... »

日記」カテゴリの最新記事