13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|司法書士の国家試験の合格率のパーセンテージは…。

2017-07-17 12:40:01 | 日記

要するに司法書士試験というのは、司法書士になるために必要とされる高い学識、並びに応用力・考える力をしっかり身につけているかどうなのかを、審判することを基本目的として、一年に1回行っている門戸の狭い国家試験です。
地域に密着した『くらしの法専家』として、不動産や会社の登記手続きなどの専門家として活躍する司法書士の試験を受ける時、学歴に関しましては問われることはありません。どんな人でもチャレンジ可能なので、通信教育の資格講座でも、年代や男女問わず高い人気がある資格の一つです。
世間一般的に司法書士の代わりに法的業務を行う身近な街の法律家として、活躍の期待が寄せられている司法書士の立ち居地は、名誉ある職業資格です。それだけに、受験の難易度も相当高度です。
昔は司法書士試験の受験は、他と比較して合格を得られやすい資格などと知られておりましたけど、昨今は大層難易度が上がっていて、めちゃくちゃ合格することが困難であるという資格の一つになります。
現実1教科ずつ受験できる科目合格制だから、司法書士試験に関しましては、忙しい社会人も受験にトライしやすいのですけど、逆に受験勉強の期間が長期になるということがよくあります。なので、先人の方々の質の高い勉強法を参考にするとよいのではないかと思います。

超難関とされております司法書士試験の難易度については、超厳しく、合格率の数値も約2〜3パーセントと、国家資格の中で見ても、トップクラスに入る難関資格試験となっております。
ずっと前から司法書士試験に関しましては、そう簡単ではないと言われている、国家資格の一つであります。このサイトでは、将来司法書士試験に必ず合格するために把握しておくべき勉強法等を、運営者自信の合格を得るまでのリアルな実体験をベースに公開します。
現実、直接予備校に行って受講しているといった受験者たちと、さほど差が無い勉強が可能になっております。その件を現実のものとしますのが、今や司法書士向けの通信講座の欠かせない教材となったDVDであります。
数ある司法書士の通信講座の中でも、ナンバーワンにオススメのものは、法律系資格取得を支援しているLEC であります。利用するテキスト一式においては、司法書士の資格をとろうと志している受験生の中で、最良の教科書として一定の評価がございます。
専門スキルの高い法令の中身で、難易度高ですが、元来司法書士試験におきましては、科目ごとの合格システムを採っているため、一つの教科毎に何年かかけてその都度合格をしても、良いとされる試験となっております。

2006年度から、司法書士試験システムに関しては、新しく改正が実施されました。従前と異なる点は法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、多肢択一タイプの問題とか、論述式問題のような新タイプの問題といったものも出されるようになっております。
現に法科大学院卒業者であっても、不合格結果がもたらされることもあるくらいなので、的確な成果が期待できる勉強法をよく考えて挑まなければ、司法書士資格試験合格実現はハードとなるでしょう。
いかような参考書にて習得するかということよりも、どの効率的な勉強法で取り掛かるかの方が、一層司法書士試験で合格を勝ち取るためには重要なのです
司法書士の国家試験の合格率のパーセンテージは、概ね1.75%と公表されています。近ごろでは、法曹界に必要な学識・能力を身に付ける専門の大学院『法科大学院』という機関が新しくでき、そのコースを卒業することによって、新司法試験を受ける資格+法務博士の学位が得られるようになっています。
一頃においては合格率の割合が10%台をキープしていた司法書士試験も、最近は、低下し1割満たない値におさまっています。合格率一桁とした場合、難易度レベル高の国家資格の中の一つとして、把握されます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|元より司法書士試... | トップ | 司法書士|司法書士試験の勉... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL