13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|実際司法書士試験の大きな特徴ある点については…。

2017-06-18 16:30:00 | 日記

オール独学で司法書士試験合格を勝ち取ろうとする折には、ご自身で適格な勉強法を習熟することが必要です。そんな折に、著しく最善なアプローチ法は、試験に合格した先輩たちが実行していた勉強法のスタイルをそっくり真似することであります。
実際司法書士試験の大きな特徴ある点については、規準に沿って評価を実行する試験の仕組みとなっていて、合格者の上限数を先立って設けていないため、一言で言うと出題された問題の難易度ランクが、リアルにそのまま合格率に表れてきます。
実際従前から、法律に関する知識が全くゼロの状態から取り掛かり、司法書士試験合格に必要とされております勉強時間数は、一般的に「3000時間超」と言われます。実際的に一発で合格を果たした人の勉強の累計時間は、3000時間前後と発表されています。
実際授業を受けられます学校もスタイルもともにいろいろございます。であることから、数え切れないほどある司法書士向けに開催されている講座の中から、働いている人でも両立して自分のペースで学ぶことが可能な、通信講座を実施しております専門のスクールを比べてみました。
実際初めから法律の知識になんて一度も触れたことなど無いのに、短期間で司法書士試験に合格できる先達も存在します。彼らの大部分にある共通される事柄は、例外なく自分にフィットした「効率の良い勉強法」を選定することができたことです。

例年、司法書士試験における合格率は、2〜3%前後とされております。学習にかける時間数との相互関係を一考すると、司法書士国家試験がいかに難関となってるか想像出来るでしょう。
実際司法書士試験に関しては、歳や性別等の受験の資格は定まっておらず、学歴に関しては問われません。ですので、今まで、法律関係の勉強を何にもしたことがないような素人であろうとも、優れた大学を卒業していなくっても、司法書士の資格取得はできます。
実際1科目ごとに受験可能な科目合格制度でございますため、司法書士試験におきましては、働きながら資格取得を目指す受験生も受験しやすいわけですが、その反面、受験勉強期間が長期化することが一般的です。ですから、先輩たちの取り組んできた勉強法を覗いてみることも大切です。
一流講師に直で教えてもらうことができる通学面の利点は、興味深いですけれども、同じ精神状態さえずっと保ち続けることにより、司法書士資格取得の通信教育での学習にて、バッチリ実力を養っていくことが可能といえるでしょう。
高い網羅性を誇っているテキスト書においてもとりあげられていない、学識が求められる問題においては、キッパリ諦めるようにしよう。言ってしまえばドライな結論を選択することも、難易度の厳しい司法書士試験に臨む場合には、重要な点なのであります。

一般的に法人税法の中身は、経営を行っていくにあたって、必要不可欠な基本的な知識であります。けれども、暗記事項が沢山あることによって、司法書士試験の受験科目の内で一等大きな壁等と表現されていたりしています。
資格取得を目指す上で予備校の司法書士用の講座を受講したいと思うのですが、周辺に専門学校が一つもない、仕事が多忙、予定がつまっていて学校に通う時間がとれないなんていった方向けに、それぞれの学校では、家で勉強することが可能な通信講座を取り入れています。
現実的に司法書士資格取得を志すケースでは、全て独学で合格しようとするとした人たちが少ない状況であり、司法書士を除く他の法律系試験と照らし合わせると、市販の学習テキストもろくに、販売されてません。
日中会社に通勤しながら寝る間を惜しんで勉強に励み、ようやく3回目の受験で司法書士に合格することができた、自らの実際の体験を顧みても、ここ数年は以前よりも難易度は、スッゴク厳しくなってきていると思います。
実際司法書士の業種は、一から独学で臨んだとしても合格することが可能である資格のうちの一つです。中でも現今、仕事を持っている方が前向きな姿勢で挑む資格としては期待大でありますが、併せて難易度も相当高いものであります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|めちゃくちゃ難関... | トップ | 司法書士|現実司法書士国家... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL