13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|めちゃくちゃ難関の資格試験といわれている司法書士試験を受ける場合におきましては…。

2017-06-18 09:20:02 | 日記

まさに現在、あるいはこれから、司法書士に独学スタイルで受験を行う受験生たちのために作成を行った、ポータルウェブサイトとなっています。その中では合格をする為のノウハウをはじめとする、仕事について、及び業務の魅力などを定期的に配信しております。
実際に会計事務所であったり司法書士事務所で働いて、経験実績を積み重ねつつ、マイペースで勉強に励むとの考えの人なら、通信講座を選択する方がマッチしているだと言えます。
実際合格率が全体の内の7%だと言われると、司法書士資格試験はとても難易度が厳しそうでございますが、基準点の最低でも60%以上の問題がバッチリ解けるようであれば、合格判定は疑いないのです。
一般的に従来から、法律知識がゼロの段階から開始して、司法書士試験合格に要される総勉強時間は、「約3000時間」とよく言われています。一般的に実例でも、ストレートで合格した人たちの受験勉強時間は、ズレが無く3000時間ほどと言われています。
高い網羅性を誇っているテキストでさえも掲載が行われていない目にすることの無い、知識が求められる問題なんかは、直ちに諦めるといいです。要するに気持ちを切り替えることも、高い難易度の司法書士試験に臨む場合には、欠かせないことなのです。

基本的に科目合格制度とされる、司法書士試験の資格取得は、1度のうち、5種類の科目を受けることは必須ではなく、時期を分けて一つの科目ごとに受験してもOK。つまり合格を得た教科は、この先司法書士になるまで適用されます。
めちゃくちゃ難関の資格試験といわれている司法書士試験を受ける場合におきましては、ちょっとやそっとの努力なんかでは絶対に合格することは不可能でしょう。さらにまたたった一人で独学にて合格を狙うのは、寝る間を惜しんで勉学に励まないとなりません。そんな中少しでもサポートすることができるホームページと感じていただければ嬉しいことこの上ないです。
元来通信教育(通信講座)は、学習材の出来栄えが結果を左右します。ここ最近はDVDだったりオンライン動画配信などの映像での授業も増えておりますけど、司法書士の各資格スクールによって、その内容についてはまさに色々です。
そもそも科目合格制でありますから、司法書士試験につきましては、社会人の方も受験にトライしやすいのですけど、逆に受験生活にかかる期間が長引いてしまうことが一般的です。ですから、先輩たちの勉強法の具体的手法を手本にすることを提案します。
実際に法律を専門に学ぶ法科大学院で学業を修めた方でも、不合格となるようなことがままありますので、適正な合理的な勉強法を検討し真剣に取り組まないと、司法書士資格試験合格実現は難しいでしょう。

実際に大勢の人たちは、名の知れた会社だし絶対バッチリとした、何の根拠も見られないテキトーな動機で、通信教育をセレクトしてしまいます。だけど、そのようなことで絶対に司法書士に、合格するはずはないです。
努力して資格を得て、近い将来「自分自身の力で活路を開きたい」等といったポジティブな意志がございます人であるなら、司法書士試験の難易度が相当高くても、そのような垣根もきっと超えることができるハズ。
合格率僅か2〜3%の難関の、司法書士試験で合格を実現するには、完全独学の試験勉強のみでは、容易に事が運ばないようなケースが沢山ありまして、スクール通学OR通信講座を受けるかのどちらかで受験勉強に取り組むのが多くの受験生の選択です。
ベテラン講師達にその場で見てもらえる学校へ行く良い点については、大いに魅力を感じますが、常に攻めの気持ちさえ持ち続けることが出来るなら、司法書士資格の通信教育で勉強をすることによって、ちゃんと実力を磨くことが出来るでしょう。
全部独学で貫きたいのは理解できるけど、科目勉強の時間配分や受験勉強の方法などに、少々心配になるといった時なんかは、司法書士試験対策用の通信講座を受けてみるなんていうのも、1案ではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|資格をとるのがと... | トップ | 司法書士|実際司法書士試験... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL