13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|身近な地域の法律家として…。

2017-06-14 20:00:02 | 日記

今現在、または近々、司法書士に完全に独学で試験を受ける人達に向けた、総合サイトでございます。そこでは試験に合格する為の掴んでおきたいコツであったりまた、業務内容、かつまたお仕事の魅力等を色々掲載しております。
実際司法書士試験を通信教育等に頼らず独学で合格するのは、非常にハードルが高いわけですが、勉強の取り組み方をいろいろチェンジするとか、沢山の情報を確実に見聞きすることによって、短時間で合格への道を目指すことも、決してありえないことではないです。
オール独学でこなしてはいても、勉強時間の管理や学習法などに、不安を持つというケースでしたら、司法書士試験向けの通信講座で勉強するというのも、いわゆる一つのやり方だといえるのではないでしょうか。
現実的に合格率3%前後の茨の道の、司法書士試験合格を目指すには、独学で取り組む学習だけで挑戦するというのは、上手くいかない場合が多く存在し、専門学校に通うか、家で通信講座を受けて受験に向けて勉強をするのが普通といえます。
社会人として働きながらも、司法書士を狙うといった方もいるでしょうから、ご自分の実施できることを日常的に確実に続けていくといったことが、司法書士試験に合格するための最短ルートなのかもしれません。

実際とても難しいと広く知られております司法書士試験の難易度の状況は、とっても厳しく、合格率の状況も大体3%未満と、日本の国家資格の中でも、上位を誇っている難関国家試験です。
一昔前までは合格率1割以上を保っていた司法書士試験でございましたけれども、今現在、低下し1割満たない値が続いております。合格率が一桁台である場合、難易度レベル高の国家資格の代表として、挙げられます。
消費税法の中身は、司法書士試験の受験科目の中では、言うほど難易度は高度ではないもので、簿記のベースの知識をいくらか持つことができていれば、他と比べて難関ではなく容易に、合格点数を獲得することが可能となるでしょう。
大抵の資格専門学校は、司法書士の資格を目指す人向けの通信教育の提供が行われております。通信教育の講座の中には、どこにでも持ち運べるUSBメモリなどを用いて、時代の先端を取り入れた通信教育が受けられる、スクールなんていうのも出てきました。
当ウェブサイトは、現役で活躍中のベテラン司法書士が、司法書士試験の効率的な勉強法の指導はじめ、主な司法書士向けの通信講座の評判、口コミ情報などなどの情報を収集し、解説をアップしているポータルサイトです。

以前から、全くの法律知識ゼロから開始して、司法書士試験合格に要する勉強時間数は、おおよそ「3000時間くらい」といった統計がございます。調査してみても、初回で合格を叶えた受験者の勉強時間数は、3000時間になっています。
身近な地域の法律家として、専門分野で活躍する司法書士の試験を受ける上で、学歴につきましては必要とされておりません。条件ナシで誰でも挑戦OKなので、通信教育内でも、年齢・性別に関わらず多くの人たちに人気抜群の資格に挙げられています。
実際合格の結果が得られなかった時の、トータルの勉強時間のムダを思いますと、司法書士の試験についてはスクールが行っている通信講座、OR直に専門学校を利用するのが、事無きを得るものではないかと思います。
結論から言いますと、実際に完全に独学であろうと、ちゃんと、司法書士の仕事について理解することができましたならば、資格取得は不可能なことではないです。しかし、そうしようとするためには寝る間も惜しんで、長時間を勉強にあてる必要性があるのです。
普通司法書士試験を受験しようとする場合、厳密な受験条件などなく、学歴については条件に入っていません。その為、それまで、法律に関係する専門の勉強を1度たりともしたことがないケースであれど、立派な大学を出ていない場合でも、どんな方でも司法書士の国家資格は得られます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|5教科合格を実現... | トップ | 司法書士|全部独学だけに限... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL