13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|法律で平成18年より…。

2017-06-09 21:00:02 | 日記

近ごろの司法書士におきましては、かなり難易度レベルが高い試験で、通信教育のセレクト方法で、合否が決まると言っても過言ではありません。ですが、多くの業者があり、どこを選ぶと最善であるのか、悩む方も多いかと思います。
暮らしに役立つ法律家として、社会に貢献できる司法書士の受験をする際は、条件・経歴は不問とされております。条件ナシで誰でもトライできますので、通信教育の資格講座でも、性別・年齢関係なく支持されている資格といわれています。
合格を実現することが出来なかった折の、学習量・時間のムダを思いますと、司法書士試験につきましてはスクールの通信講座、その他には通学しての講座受講を選定するのが、間違いなく無難と言えるでしょう。
司法書士の通信講座内で、何より1番お薦めしたいのは、合格実績が高いLEC です。利用されているテキストブックは、司法書士を志す受験生たちの間で、著しく有用である教材として定評を得ております。
現実的に司法書士試験につきましては、かなり難関であります。例年平均合格率は、10%程となっています。しかしながら、一回のみの試験ではあらずに、何年もかけることで合格を得ようとするならば、格別やってやれないことではありません。

原則的に独学で勉強して、合格するということも、実行可能でしょう。とは言っても、事実司法書士資格は10人挑んでも、全員アウトになる超難易度の高い試験とされています。そこを勝ち抜くには、効率的な学習法を自分のものにすることが要求されるのです。
ここ何年かいつも、司法書士試験の合格率の数値は、2〜3%前後とされております。勉強に費やす合計時間との両者のバランスの様子にて考えたら、司法書士資格試験がどの程度難易度が高度となっているか見通すことができるでしょう。
一般的に全ての必須科目の標準の合格率については、約10〜12%であって、他の難関国家資格よりも、合格率が大分高いように思えるでしょうが、それにつきましては各々の科目の合格率であって、司法書士試験そのものの合格率というものではないです。
司法書士の国家試験の制度の改定と一緒に、以前の努力に関係なく運・不運にかかってくる博打的な不安要素が取り払われ、実に実力を持っているのかということを見極められる試験へと、司法書士試験の内容はベースからチェンジしました。
このところの司法書士の試験は、合格率の数値が6%ほどと言われていますので、事務系の公的資格の中では、非常に難しいレベルの資格に入ります。しかしながら、出された全問題の内の6割正解したら、合格できるのです。

現場において「法律的に考える力が備わっている人」であるかそうではないのかということを見定められているみたいな、相当高い難易度の試験に変化してきているのが、近ごろの司法書士試験の実態ではないかと思います。
実際事例や演習問題でより理解を高めて基盤を固めてから、実用的な応用問題へとステップアップしていく、典型的な勉強法を取り入れるのが、司法書士試験の上で簿記論対策に、とても有効なようです。
会計と税務の個別論点の中身に取り組み出したら、関係性がある例題に出来る限りトライし、キッチリ問題に慣れるようにするといったスタイルの勉強法を盛り込むのも、司法書士試験の中の簿記論対策に関しては相当有効性がございます。
法律で平成18年より、司法書士試験の内容は、広範囲にわたり訂正されました。例えば法令科目が、重点を置かれるようになって、筆記試験では多肢択一式問題ですとか、記述タイプの問題のような新タイプの問題といったものも多く出題されております。
司法書士試験を受ける際は、実質的には筆記式の試験しかこなさなくてよいと、思っていていいですよ。なぜならば、口述での試験なんかは、ほとんどの場合落ちてしまうことはありえない容易な試験だからでございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|基本司法書士は…。 | トップ | 司法書士|税務の個別論点を... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL