13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|長所いっぱいの…。

2017-07-27 04:00:02 | 日記

基本司法書士試験におきましては、年齢や性別等の受験の条件は設定されていなくて、これまでの学歴は制限がありません。ですので、今まで、もしも法律の事柄を勉強を何もしたことが無くとも、有名な学校を卒業した学歴を持っていなくても、誰でも司法書士資格取得は可能なことです。
基本的に通信教育は、教材そのものの品質が大きく影響します。今はDVDはじめPCで見るオンライン配信のような映像系教材も大変充実しておりますけれど、各々の司法書士の資格取得学校によって、教育内容は差異があります。
司法試験と同一の勉強法でございますと、新参の司法書士試験に的を絞った受験生に比べてみて、勉強を行う総量が多くなりがちです。加えて妥当な成果は見られず、かけた費用と比較して見合った効果は得られません。
長所いっぱいの、司法書士の資格予備校に通っての効率イイ勉強法ですけれども、普通十万以上のそれ相当のお金が求められますから、受験生皆が取り組めるわけじゃないでしょう。
どういう問題集を使って勉強を行うのか以上に、どういった勉強法に頼って突き進むのかという方が、確実に司法書士試験をクリアするためには重要だと言えます

合格者の合格率7%に満たないと、司法書士試験は非常にハードな難易度の試験となっています。とは言っても、不必要に恐れなくてもよいのです。全身全霊で立ち向かえば、学歴・経験など関係なく誰でも間違いナシに合格を勝ち取ることが出来ます!
当サイトにおいては、司法書士対象の通信教育を、失敗しないように選ぶことができるように、客観的な立場によって判断することが可能な役立つ情報を日々更新していきます。それより後は自分でオンリーワンをチョイスしましょう。
もとより独学でやって、合格を得るといいますのは、不可能なことではございません。しかし、毎年司法書士は10人受験をしたとして、1名も受からないこともある超難易度の高い試験とされています。合格を勝ち取るには、確実な勉強スタイル・術を習得しなければいけません。
合格率に関しましては、司法書士受験の難易度レベルを把握する目安のひとつになりますが、近ごろは、このレートが間違いなく下伸びで、受験生の皆さんから広く関心を集めています。
現在の司法書士試験におきましては、現実筆記による試験だけしか無いものだと、思っていていいですよ。どうしてかと言えば、面接官との口述試験は、90パーセント以上の割合でまず落ちることは無いような試験内容だからです。

日本でも上位に入っている位の難易度である司法書士試験については、11分野の科目の法律から広く試験問題が出題されるため、合格を狙うには、一年越しの勉強時間が絶対に必要とされます。
講義を収録したDVDや、テキストだけでの学習方法に、少なからず不安を抱いていますが、過去に通信講座オンリーで、司法書士の難関資格を取った人も沢山いますし、完全に独学するよりは、まだいい方なんじゃないかなと思います。
現に学費が最低30万円を越す、選択コースにより50万円以上の金額の、司法書士対象の通信講座なんぞも珍しいことではありません。ちなみに受講する期間も、1年超えの長い月日の教育コースになっていることが、多いです。
街の法律屋さんとして、法律の知恵をアドバイス&力になれる司法書士の受験に、学歴や資格は不問です。どんな人でも挑戦することができるため、数ある通信教育でも、年齢や性別を問わず幅広い層に人気が集まっている資格コースとされています。
このところの司法書士の試験は、合格率の割合が6%前後という統計が出ており、事務系資格カテゴリーでは、難易度が高い資格とされています。されど、全体的に問題の最低6割正解できたら、確実に合格できます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|日本でもほぼトッ... | トップ | 司法書士|数年前までは司法... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL