13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|平成18年(2006年)度から…。

2017-08-05 12:30:02 | 日記

他よりもかかる費用が安い、出題される範囲をピックアップし、学ぶ量を少なめにした教育課程、高い精度のオリジナルテキストなどが話題の高い合格率を誇っているフォーサイト。司法書士の通信講座と言えばこの会社!とされているくらい、人気が高いです。
それぞれの教科の合格率の数値は、概ね1割位と、どの科目ともに高難易度の司法書士試験は、科目別合格制度でありますので、会社に勤めながら合格を勝ち取ることができる、資格といえるのです。
実際に国家試験の司法書士試験の合格率のパーセンテージは、大よそ10%あたりと、狭き門と言われているにしては、別の国家資格と比べて高い合格率となっています。けれど、一回目の試験で合格を叶えられるのは、0%に限りなく近いと言われている現状です。
司法書士試験を受験する場合には、実質的には筆記式の試験しか存在していないというように、考えてもOKです。そのワケは、面接官との口述試験は、余程の事が起きない限り落ちてしまうことはありえない試験となっているためです。
毎年毎年、2、3万人辺りの受験者が挑戦し、600〜900人少々しか、合格を勝ち取ることが出来ません。そうした現実を見るだけでも、司法書士試験突破の難易度が厳しいことがわかるものです。

現実、司法書士資格をとろうとするケースにおいては、専門学校に行かないで独学で合格しようとする方が少数ということが影響して、別の法律系国家試験と見比べて、市販の学習テキストもろくに、売り出されておりません。
司法書士の試験で合格するためには、効率の良い勉強法で進めるのが、非常に大切であります。このネットサイトでは、司法書士試験のスケジュールやかつ高精度のテキストの選び方など、受験生にとって便利な多様な情報をアップしております。
当サイトでは、司法書士資格の通信教育を、適切に選び抜けるように、第三者的に決定できる色々な判断材料を随時発信していきます。それらを基に、後はあなたが自分の目でオンリーワンをチョイスしましょう。
色々利点がある、司法書士資格取得の予備校に通学しての優れた勉強法ですが、通常十万円以上のある程度の受講料が必要ですので、誰もが受講することが出来るものじゃないのも事実です。
平成18年(2006年)度から、法律系資格の司法書士試験は、大幅に改正が実行されました。以前よりも憲法や民法等の法令科目が、多数出題されるようになり、多肢選択方式の問題やまた、記述形式の問題といったような暗記だけでは解けない問題なんかも出てきました。

一般的に通信教育では、どちらの学校でも司法書士試験に的を絞ったアプローチ策を不足なくピックアップした、資格取得向けの教材が用意されているので、完全独学よりも勉強方法がマスターしやすく、勉強がスムーズにいきやすいと言えるでしょう。
高難度の国家資格試験と名高い司法書士試験を受ける場合におきましては、全力で取り組まないと絶対に合格することは不可能でしょう。もちろんイチから独学で合格しようとするのは、超頑張らないといけません。そんな中少しでも何か役立てるページと感じていただければ嬉しいことこの上ないです。
実際に司法書士の代理の街の法律の相談請負人として、盛んな活動が望まれます司法書士の立ち居地は、社会的身分の高い資格の一つです。それに伴い、試験の難易度についても大変ハイレベルです。
必須分野の5科目に合格するまで、数年を必要とする司法書士資格取得の受験では、継続して勉強ができる環境づくりが、大きなキーポイントであり、通信教育のコースにつきましては、殊更その部分が言えるのではないでしょうか。
国家試験制度の改定実施にあたって、従来の運・不運に振り回される賭け事的な点が全てなくなって、本当に腕前があるものかが見られる高難度の試験へと、司法書士試験は新しく生まれ変わりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|ユーキャン主催の... | トップ | 司法書士|このWEBサイト... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL