13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|要するに司法書士試験というのは…。

2017-06-19 09:40:00 | 日記

実際に事前の法律関係の知識がないのに、短期学習で司法書士試験に合格することができる先達も存在します。合格者に共通している要素は、自身に丁度良い「質の高い勉強法」を選ぶことができたことといえます。
お仕事をやりつつ並行して勉強を行い、3回目の正直で挑んだ試験で司法書士に合格できた、自分自身の実際の体験を顧みても、ここ数年の難易度については、とっても上昇してきているような気がしております。
今現在、もしくは後々、司法書士の資格を得るために独学の勉強法でトライする受験生対象の、ポータルウェブサイトとなっています。その中では合格をする為の鍵ですとか、先輩司法書士からのアドバイス・仕事内容、やりがいがある事柄など毎日発信しています。
合格を勝ち取ることが出来なかった場合の、合計勉強時間のリスク加減を考慮すると、司法書士資格取得の受験に関しましては専門予備校の通信講座、それともまた直に専門学校の選択を行うのが、1番でしょう。
総じて、司法書士試験に独学スタイルで合格を実現するのは、めちゃくちゃ大変であるといったことを覚えておくといいでしょう。それは合格率が絶対に10%超えしない現実からも、容易く想像できるはずであります。

基本的に科目合格制度とされる、司法書士試験の資格取得は、1度のうち、5科目全てを受験することはしなくてよくって、各科目毎にチャレンジしても良いということになっています。先に合格をゲットした科目は、司法書士資格を獲得できるまで合格として継続されます。
基本的に司法書士試験に関しましては、かなり難関であります。合格者の合格率は、たった10%〜12%となっております。けれども、一発試験ではなく、長いスパンで合格を志すつもりであるなら、特別やれないことではないです。
学習にあてることができる時間が日常的に沢山つくることができます受験生の方は、普遍的な勉強法によって、司法書士試験で合格できるかもしれませんが、常時お仕事等忙しい方には、適正な手立てだとは言えないでしょう。
要するに司法書士試験というのは、司法書士を生業にするために必要とされる法令などの知識はじめ、そのことを活かす技量を有するか否かを、見ることを第一目的として、国税審議会が行う高難易度の国家試験です。
実際に難易度がスゴク高い法律系試験であるのに、一つの教科毎に都度受験可能であるんで、そんなわけで司法書士試験におきましては、1年に1度5万人強が揃って受験する、人気が高い試験なんです。

実際のところDVDでの映像教材とか、テキストを活用しての勉強のやり方に、少しだけ心配&不安があったりするのですけど、事実毎年通信講座により、司法書士の国家資格を取った方もいっぱいおりますし、完全に独学するよりは、合格への道が近いと思うようにしています。
司法書士の資格は、法律で定められている資格取得試験の入門編として、若者から中年まで広い層に注目を集めている中、合格となった後には、個人事業で会社を持って、フリーで開業することもOKな唯一の法律系専門試験なんです。
只今多くの皆様方が、司法書士の試験合格体験談関係を、多々ネットなどで検索して確認している行動をとっているのは、大抵、どういった勉強法が自らに効果的なのか、思案しているからでしょう。
高難度の国家資格試験と名高い司法書士試験にトライする場合においては、全力で取り組まないと合格を実現できません。それもましてや独学にて合格を叶えるというのは、本気で取り組まなければいけません。そんな中少しでもサポートすることができるホームページとして利用していただければ幸いです。
現実、司法書士試験については、壁が高いと認識されている、日本の国家資格の1つ。このサイトでは、司法書士試験にストレートで合格するための有益な勉強法などを、受験経験者自身の合格ゲットの実体験をもとにして記載します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|勉強法が合ってい... | トップ | 司法書士|オール独学での司... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL