13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|難易度が厳しい試験となっていますが…。

2017-07-06 12:40:02 | 日記

関門であるといわれております「税法理論暗記」をメインに、司法書士試験の勉強法のポイント、さらに頭脳を鍛える方法、速聴法・速読法ということについてもくまなく調べています!他暗記法の秘訣、その上知っておくと良い勉強に、便利で価値あるお役立ちアイテムを幅広く載せていきます。
難易度が厳しい試験となっていますが、教科をひとつずつその時その時に受験しても良いので、故に司法書士試験は、例年5万人超を超える受験者が受験申込みする、ライバルが多い試験になっています。
一言で言うと「足切り点」(定められた基準点)という怖いシステムが、司法書士試験にあり大きな特徴です。簡単に言うならば、「必須点数に到達していないと、落ちてしまいますよ」とされる点数といったものが定められているんです。
一般的に9月に入ってから、次に迎えます年の司法書士試験向けに下準備しはじめるといった人も、多くおられるかと思います。1年間ほど長い間やり通す受験勉強では、あなた自身にマッチする勉強法を身に付けるオリジナリティも必須といえます。
司法書士資格に必須の簿記論は、覚えなければいけない量は数多いですけど、100パーセントの確率で計算問題のパターンで出されるので、司法書士になろうとするためには、相対的に独学で挑戦したとしましても、身に付けやすい教科内容といえます。

法律で平成18年より、司法書士試験の内容は、様々に変更が行われました。まず憲法や行政法・民法等の法令教科が、多数出題されるようになり、多肢択一式の問題をはじめ、40字記述式の問題というような新しい傾向の試験問題も出されるようになっております。
わずかな時間を有効に活用し、勉学に励めますので、毎日の仕事かつまた家事などと両立して司法書士資格の取得を志そうという考えがある方にとっては、通信での教育(通信講座)を受けることは、大いに有効でございます。
昔から毎年、2万〜3万人前後が試験を受け、そのうちの600人から900人程度しか、合格を勝ち取ることが出来ません。この1部分をピックアップしても、司法書士試験突破の難易度が厳しいことがわかるといえます。
実際に司法書士試験は、高い難易度を誇る国家試験の1つですから、専門知識を基礎から学べる専門の学校に足を運んだ方が、間違いないといえます。と言っても、オール独学であれど各々の人によっては、非常に効果が期待できるようなこともしばしば見られます。
合格率の数字が7%前後と言われると、司法書士の資格試験としては相当難易度が高くみえますけれど、基準点の全体の60%以上の問題をしっかりクリアすれば、受験に合格することは絶対でしょう。

実際に司法書士試験の勉強をやる上におきましては、集中する力を維持することが難しく感じたり、常にモチベーションをキープすることが苦しいというようなBADな要素も経験しましたが、総合的に見て通信講座をし続けて、合格への道が切り開けたと評価しています。
一般的に国家資格の内においても、高い難易度とされている司法書士の業種ですが、他と比べて合格を獲得するまでの経過が簡単ではなく辛いからこそ、ようやく国家資格を得た後は高い需要があることや報酬のアップ、加えて名誉ある地位をゲットできる可能性もありえるのです。
法律系国家資格の、非常に専門的な職務を果たす、司法書士と司法書士ですけど、難易度の高さは司法書士の方がハードで、それに伴いお仕事内容についても、かなり相違点が存在しています。
どこよりも低価格であったり問題の出題範囲を選び抜き、学習ボリュームを削減した学習システム、高い精度の教材一式などが大人気の資格取得に強いフォーサイト。司法書士の通信講座と言えばこの会社!というほど、高い好評を得ています。
事実過去に法律知識が一切無いのに、割と短い年数で司法書士試験に合格されるような人もおります。この人たちに見受けられる共通部分は、自分自身に相応しい「確実な勉強法」を選定することができたことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|個別論点の内容を... | トップ | 司法書士|資格をとるため専... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL