13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|当たり前ですが司法書士試験の内容というものは…。

2017-08-13 17:20:04 | 日記

経験豊富な講師の方々にその場で見てもらえる学校へ通うメリット部分に関しては、そそられますが、ずっと積極的な姿勢さえキープし続けることができましたら、司法書士対象の通信教育学習で、しっかり実力を得ていくことが出来るといえます。
現実的に難関資格と誰もが知る司法書士試験の難易度については、とっても高度であり、毎年の合格率も概ね2・3パーセントと、法律系国家資格の中でも、上位を誇っているド級の難関試験なのです。
実際従前から、法律の知識無しの状況から開始して、司法書士試験合格に必須の勉強への取り組み時間は、通常「3000時間以上」と知られています。実際的に1回目で合格する方の勉強への取り組み時間は、3000時間ちょっとという数字が挙げられています。
関門であるといわれております「税法の理論暗記」を中心とし、司法書士試験の勉強法の工夫、さらに頭脳を鍛える方法、速聴法・速読法ということについても完全に追求!他にも能率的な暗記法とか、勉強に取り組む上で、有用なモノ・コト等様々な情報をピックアップいたします。
毎回全試験科目の平均合格率の数字につきましては、全体から見て10%〜12%あたりであり、他の難関国家資格よりも、合格率が高めに思ってしまうかもしれませんが、それにつきましては各々の科目の合格率であるわけで、司法書士試験それ自体の合格率ではありませんので、勘違いしないようにしましょう。

通信講座が学べる学校もスタイルもともに色んなものがあります。そんなワケで、複数の司法書士向けに開催されている講座の中から、仕事や家事で忙しいという方でも修学可能であります、通信講座を設けている学校をいくつか比較してみました。
今日び、司法書士試験でのリアルな合格率は、2・3%程度となっております。学習にかける時間数とのバランスで考えますと、司法書士資格取得試験がどれだけ高難易度の試験であるのか察することができると思います。
勉強時間が毎日充分にあるという方は、王道とされる勉強法で実行すれば、司法書士試験で合格を得ることも可ですが、常日頃会社など予定が一杯な方には、現実に合った手段ではありません。
他よりもかかる費用が安い、学習範囲を選定し、学習する量を少なめに設けた独自の教程、レベルが高いテキストブックなどが受験生の間で人気となっておりますフォーサイト。司法書士の通信講座と言えばこの会社!等と口々に言われているくらい、受験生の間で人気となっています。
正直DVDでの映像授業ですとか、テキストだけでの自宅学習の進行方法に、少しだけ心配があるのですが、現実で通信講座を受け、司法書士の資格取得を実現している人も沢山いますし、完全独学でやるよりは、安心できるのではないかなと思っています。

当たり前ですが司法書士試験の内容というものは、中途半端な取り組みであったら満足のいく成果がみられない、高難易度の試験であると思い知らされます。つまるところ費やすことができる貴重な時間を出来るだけ効率よく利用し学習を継続した努力家だけが、最終的に合格する試験であります。
深い知識・経験を要する試験の内容ですから、難易度が相当高いですが、元々司法書士試験では、便利な一部科目合格制を設定しておりますので、1つの科目ごとに5年間かけて合格をゲットしていっても、アリの試験とされています。
通信教育に関しては、教材の精度の高いOR低いが大きく影響します。今時はDVDだったりオンライン動画配信などの映像教材も大変充実しておりますけれど、司法書士の各資格スクールによって、詳細な内容は大分相違します。
科目合格制となっております、司法書士試験のシステムは、同じタイミングに1度に、5種の科目を受験することは求められておらず、時期を分けて一つの科目ごとに受験しても良いシステムとなっています。1度合格点をクリアした科目は、司法書士資格を得るまで合格として認められます。
試験を受ける前に会計事務所やまた司法書士事務所に勤務して、経験実績を積み増しながら、のんびり学んでいくとした方は、通信講座の学習方法が1番ベストだと言えるのではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|現実司法書士試験... | トップ | 司法書士|今日の司法書士に... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL