13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|実際に9月位から…。

2017-07-13 03:10:00 | 日記

巷で人気のユーキャンの司法書士の通信講座は、毎年約20000名に受講がされていて、あんまり法律のことに精通していないなんて方であっても、辛抱強く資格取得実現までのプロセスをゼロの状態から身に付けることができる、受験生の間でも評価が高い通信講座であります。
基本司法書士試験の主な特色に関しては、点数が全てを決める試験体制で、合格者の上限数を決めていないから、言ってしまえば試験問題の難易度の基準が、明確に合格率につながってくるのです。
通常司法書士試験は、1つの科目で120分しか試験の時間が与えられていないです。その中にて、ミス無く合格点を絶対にあげないといけないので、もちろん迅速さは最低限必要であり合否に影響します。
当然司法書士試験を独学にて行うのは、本当に難しいことではありますけれど、トライしてみたいと思っている受験生は、まずもって会計に関わる科目の勉強から取り掛かることを推奨します。
原則的に科目合格制というシステムが採用されていることから、司法書士試験は、社会人の方も受験に挑みやすいけれども、反対に受験勉強期間が長めになる嫌いがあります。なので、先人の方々の勉強法の内容をお手本にすることをお勧めします。

実際司法書士試験に関しては、難関であるというように周知されている、国家資格のうちの1種です。ここでは、司法書士試験にストレートで合格するために把握しておくべき勉強法等を、私の合格獲得の経験を基礎に色々記そうと思います。
当ウェブサイトは、現役で活躍中のベテラン司法書士が、司法書士試験のGOODな勉強法を色々紹介して、日本全国の司法書士資格取得の通信講座の受験生間においての人気の現状、利用者の感想等を調べ、解説を行っているポータルサイトです。
簡単に述べますと合格するには「足切り点」とした厳しい仕組みが、司法書士試験の上ではあるのです。要するに、「一定ラインの点数以下ならば、不合格です」とされます境界の点数が最初に設けられているわけです。
司法試験と一緒の勉強法でございますと、新参の司法書士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、合計の勉強量が大量になりやすい傾向です。そればかりか見合う結末は迎えられず、費用対効果が望めません。
平成18年度に入ってから、法律系資格の司法書士試験は、グンと改定がされました。例えば法令科目が、重きを置かれるようになり、マークシート方式の試験問題だとか、記述方式問題みたいな新たな傾向の問題も多く出題されております。

スクール代が30万円超え、さもなくば総額50万円以上である、司法書士資格取得の通信講座もよくあります。それについては契約期間も、1〜2年の長期スパンのカリキュラムとなっているケースが、一般的です。
合格率の数字が7%前後と言われると、司法書士試験は相当難易度が高くって狭き門のように思ってしまいますが、絶対評価により到達度点数の合計60%以上の試験問題をしっかりクリアすれば、受験に合格することは決定となるのです。
難しい国家試験の司法書士試験を受ける場合におきましては、中途半端な努力では確実に合格なんてできないです。且つまた独学で合格を勝ち取るためには、物凄くガンバル必要がございます。けれども僅かでも重宝するWEBサイトとして活用してくれたら嬉しい気持ちでいっぱいです。
昔から毎年、2、3万人辺りの受験者が挑戦し、僅か600名〜900名ほどしか、合格を実現することができません。その点に目を向けても、司法書士試験の難易度が高度であるのかがわかるといえます。
実際に9月位から、来年の司法書士試験に臨むために取り掛かり始める受験者も、多くおられるかと思います。1年以上長期間続く受験の勉強では、あなたにピッタリ合う勉強法を見つけ出すことも超重要になります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|実際にいつも…。 | トップ | 司法書士|低プライスや対策... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL