13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|原則的に司法書士試験を自分の力で独学にて臨むといったことは…。

2017-06-28 21:00:00 | 日記

今時は、学校に通っている人たちと、ほぼ大きく異ならない勉強が行えます。このことを現実に可能にしますのが、まさに司法書士対象の通信講座の王道の教材である講義が収録されたDVDです。
基本的に司法書士試験につきましては、歳や性別等の受験の資格は定まっておらず、大卒等の学歴は限定されておりません。その為、それまで、法律につきましての学習を全く行ったことがないようでも、優秀な学校卒業の学歴がないケースでも、司法書士の資格をとることはできます。
司法書士の役目をする地域に寄り添った法律家として、社会貢献が期待されております司法書士に関しては、権威ある資格の一つです。したがって、それに反映して資格試験の難易度も大変難しいです。
世間一般的に国家資格内でも、超難易度が厳しいとされる司法書士となっていますが、何よりも合格への道筋が困難極まりないからこそ、資格を勝ち取った将来には確実な就職やお給料、ともに憧れるステータスを得ることが出来る可能性もございます。
法律系の資格の中におきましても、極めて専門的な要素を含む務めをする、司法書士と司法書士ですけど、難易度を見比べると司法書士の方が難しくなっていて、さらに取り扱う業務内容にも、かなり差異があります。

司法書士試験制度の内容の手直しをきっかけに、今までの運や不運に左右される賭け事的な点が全部消え、純粋にスキルあり・なしの力量が判別される試験へと、司法書士試験の内容は一新したのです。
国内の法人税法に関しましては、事業を展開する際に、絶対欠かせない知識といえます。けれども、覚えなければならないことがかなり沢山あるため、受験者の中においては司法書士試験の一番の難関といった様に周知されています。
毎回全試験科目の平均合格率の数字につきましては、10%から12%前後で、他のハイレベルな資格よりも、合格率が若干高いように思ってしまいますが、これについては各々の試験科目の合格率の数字でありまして、司法書士試験トータルでの合格率ではございません。
昔より、法律の知識ゼロよりやり始めて、司法書士試験合格に必要とされております勉強の時間は、「約3000時間」とよく言われています。現実確かに、ストレート合格者の勉強合計時間は、3000時間になっています。
高度な知識や経験を必要とする法的な内容なんで、難易度が超高くなっておりますけど、根本的に司法書士試験に関しては、受験者のニーズに合った科目別合格制度を採っているため、それぞれ数年費やし合格を積み重ねていっても、良いとされる試験となっております。

原則的に司法書士試験を自分の力で独学にて臨むといったことは、相当容易なことではありませんが、それでも取り組みたいと考えている方は、第一に簿記論など会計科目を会得することから入ると良いのではないかと思われます。
出来る限り危険を避ける、安全な道を選ぶ、念には念を入れてといった考えで、司法書士試験を受験する際、司法書士向けの専門学校に通い学習した方が安全策ではありますけれど、それは必ずしもではなく独学を選択する考えも不都合はございません。
一般的に平均の合格率がたった7%だけと聞かされると、司法書士試験は著しく難易度が高くみえますけれど、絶対評価によって定められた基準の6割を超える設問をしっかりクリアすれば、合格を勝ち得ることは決定となるのです。
司法書士に関しては、もしもオール独学でやっても合格可能な資格の一つといわれています。特に今、仕事をしている人が前向きな姿勢で狙う資格としてはとても有望ではありますけれど、一方ですこぶる難易度も高でございます。
どんなタイプのテキストブックを用いて学習をするかなどということよりも、いかなる能率的な勉強法で学習を進めるのかといったことの方が、間違いなく司法書士試験で合格のためには重要なのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|実際に通信教育講... | トップ | 司法書士|合格にいたらず不... »

日記」カテゴリの最新記事