13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|司法試験と同じ勉強法で行うのは…。

2017-07-06 20:20:02 | 日記

司法試験と同じ勉強法で行うのは、事前知識の無い司法書士試験だけの受験生に比べ、学習量が大量になりやすい傾向です。加えて満足のいく結果は見ることが出来ず、努力した分だけの成果が得られません。
原則的に司法書士試験については、年齢に関してや性別・学歴・経歴などといった制約はありませんから、どういった人であれど受験OK。もしも法律の事柄の学識が全く無い方でも、適切な受験対策を実施するようにすれば、合格が狙えるといっても過言ではありません。
世間一般的に司法書士試験は、合格率の数値が6%ほどと公表されており、事務系資格カテゴリーでは、難易度が高い資格とされています。けれども実際のところ、全ての問題の内60%以上正解になれば、必ずや合格が叶います。
すなわち司法書士試験については、司法書士の地位で仕事にするために必要不可欠な深い知識、及びその事柄を応用する器量の有りOR無しを、真に判定することを目的に掲げ、一年に1回行っている超難関の法律系国家試験です。
従来より、法律の知識を何も持たずやり始めて、司法書士試験合格に必要とされております勉学に対しての累計時間は、「3000時間少々」というデータがあります。一般的に実例でも、1回目で合格する方の勉強への取り組み時間は、3000時間程度とのこと。

いわゆる難関という風によく言われる司法書士試験の難易度の程度は、大層高度で、合格率のパーセンテージもたった2〜3%少々と、法律系の国家資格の中でも、有数のド級の難関試験なのです。
通信講座を受ける際は、司法書士ないしは司法書士にしても、両方住まいまで本等を送り届けて貰えるから、あなた自身の都合の良い段取りで、学ぶことができるものです。
サラリーマンをしながら、司法書士の資格を目指す方も多くいるようなので、自分のペースで進められることを限りある時間の中で日ごと欠かさず取り組むのが、司法書士試験合格を確実に得る最短ルートになるのかも。
空いた時間をフルに活かして、効率的に学習を行えますから、仕事をしながらや且つ家事などと両方かけもちして司法書士の難関資格を勝ち取ろうと考慮している方たちには、通信での教育(通信講座)を受けることは、実に好都合であります。
司法書士の役を担う地域に寄り添った法律家として、活躍の期待が寄せられている司法書士の立場は、権威ある法律系資格であります。当然、それだけ試験の難易度に関しましても大変難しいです。

実際に司法書士試験は、高難易度とよく言われる、国家資格の中の1業種です。このサイトでは、狙う司法書士試験に晴れて合格するための能率的な勉強法等を、運営者自信の合格獲得の実体験を経て得た情報を踏まえて紹介いたします。
通常5科目合格を叶えるまでに、長い年数がかかってしまう司法書士資格の受験では、学習を継続することが出来る態勢をつくることができるかが、大きなポイントとなり、学校通学ではなく通信教育コースに関しては、特別その部分が言えるのではないでしょうか。
難所である「理論の暗記」を中心にして、司法書士試験のお勧めの勉強法、さらに頭脳を鍛える方法、速聴と速読といったこと等についても余すことなく突きつめています!この他暗記力を高める方法とか、勉強に取り組む上で、便利なツールなどなどを多種多様にお教えします!
毎年総じて、司法書士試験の合格率の値につきましては、2・3%程度となっております。要必須とされる学習にあてる時間との相互バランスを見ると、司法書士の国家試験がどれほど狭き門か頭に思い描けるはず。
大半の予備校や資格学校では、司法書士用の通信教育のコースがあります。そうした中には、iPod等の携帯端末だとかUSBメモリなどを使って、今の時代において最新の通信教育を受けることができる、専門スクールもいくつか存在しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|資格をとるため専... | トップ | 司法書士|司法試験と変わら... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL