13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|会社に勤めながらも寝る間を惜しんで勉強に励み…。

2017-07-29 13:20:02 | 日記

実際に合格率3%程度の狭き門とされる、司法書士試験に合格しようとするには、独学で行う勉強のみで挑むのは、簡単にはいかない事柄が多くあり、予備校に通学するか、通信講座(通信教育)にて受験勉強を行うのが一般的といえます。
科目ごとの合格率の数値は、大概1割強と、各々の教科ともに難易度が高いとされる司法書士試験は、科目合格制度を設けているため、仕事に就きながら合格を志せる、資格とされています。
会社に勤めながらも寝る間を惜しんで勉強に励み、ついに3度目のチャレンジで司法書士資格試験に合格することができました、当方の経験をみても、このところ2〜3年の間の難易度に関しましては、大分上昇してきているように思えます。
現実的に合格判定が出なかった時の、トータル学習時間のリスキーな点を考えると、司法書士試験につきましては専門スクールが開いている通信講座、それともまたダイレクトに教わる通学式講座を選定するのが、堅実でしょう。
実際スクールの司法書士講座を受講したいけれども、近場に専門学校が一つもない、いつも仕事が忙しく時間に余裕がない、学校に通う時間を割くことが難しいとした受験者のために、それぞれの学校では、通信講座制度を開校しております。

最初から最後まで独学で司法書士試験で合格を実現するといったときには、己でコレという正しい勉強法のスタイルを見出さなければなりません。そんな時に、何より良いといえる工夫は、合格した方々が試みていた勉強法をそのまま真似ることでございます。
税制の消費税法は、司法書士試験の必須科目の中では、言うほど難易度は高くなっておらず、簿記の基本の知識をキチンと把握していれば、他よりも楽に、合格圏内に入ることができる可能性が高いです。
オール独学で学習を行うといった、精神力はございませんが、己自身のスピードで集中して学びたいと考える方でありましたら、やはり司法書士の通信講座を行った方が、適した進め方での勉強法でしょう。
科目合格制が採用されている、司法書士試験におきましては、同じ時に一度で、5種類の科目を受ける必要性はなくって、各科目毎に受けても良いということになっております。1度合格できた科目は、司法書士の資格をとるまで合格として継続されます。
おそらく9月ぐらいより、この次の年の司法書士試験のために準備をスタートするような人たちも、多く存在しているかと存じます。1年間近く長く続く受験学習では、己に最善な勉強法を編み出すことも大事です。

現実的に完全独学での司法書士資格の勉強法を選定する折に、殊更壁となる可能性があるのは、勉強をしている中で分からない点などがあるといった状況で、質問をすることが不可能なことです。
基本的に司法書士試験に関しましては、簡単な試験ではありません。合格率というのは、およそ全体の10%程度です。とは言っても、一発試験ではなく、5年間くらいかけて合格獲得を目指すのであったら、そんなにも難度が高いものではないと思われます。
一般的に毎年、2万名〜3万名程度が受験に臨み、僅か600名〜900名ほどしか、合格判定を得ることが出来ません。こうした現状に目を向けても、司法書士試験がどのくらい難易度が高いのかが把握できます。
現実的に司法書士試験は、メチャクチャ難関であると言われております、国家資格の一つであります。こちらにおきましては、憧れの司法書士試験に見事合格するための効率的な勉強法・コツなどを、管理主自身の合格獲得の体験記を基とし公開します。
根本的に司法書士試験の特徴点としまして、達成度を評価する試験システムであり、資格合格者の総数をあらかじめ設けておりませんため、受験問題の難易度の程度が、ダイレクトに合格率につながります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|もともと科目合格... | トップ | 司法書士|実際くらしの法律... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL