13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|実際に司法書士試験の勉強をやる上におきましては…。

2017-07-18 03:10:03 | 日記

実際に司法書士試験の勉強をやる上におきましては、集中力を保つことが困難だったり、常にモチベーションをキープすることが難儀だったり等と短所も実感しましたけれども、全体として通信講座をし続けて、合格への道が切り開けたように思われます。
合格できず落ちたときの、合計勉強時間のリスキーな点を考えると、司法書士資格試験に向けては専門予備校の通信講座、OR学校での通学講座コースを活用すると言ったのが、間違いなく無難だろうと思っています。
最初からずっと独学で通しているけど、勉強時間の管理や勉強法等に、不安を抱くといった際には、司法書士試験対象の通信講座を申し込むのも、1つの進め方ではないでしょうか。
実際にU-CAN(ユーキャン)の司法書士課程に関しては、1年間で約2万人の人達より受講の申込が集まり、何にも法律知識を持っていないといった受験者であれども、一歩一歩資格取得実現までのプロセスを基本から習得可能な、頼れる通信講座なのであります。
学習にかけられる時間が昼夜たっぷり確保することができる受験生であれば、一般的な勉強法で取り組めば、司法書士試験をパスすることも有り得ますが、年がら年中仕事・家事など忙しい方には、現実的なアプローチではないでしょう。

合格率僅か2〜3%の超狭き門の、司法書士試験にて合格をゲットするには、1人独学での勉強だけだと、大変なケースが多く見られ、専門スクールに通うかあるいは、通信教育を受け受験勉強をするというのがほとんどであります。
いい点がいっぱいある、司法書士学校通学における効果が期待できる勉強法ですが、合計何十万というそこそこの費用が求められますから、受験生皆が参加できるというわけではなさそうです。
今は、スクールに通学して教えてもらっている人らと、そんなに差が無い勉強を行うことが可能となっています。そういったことを現実のものとしますのが、今においては司法書士資格の通信講座のオーソドックスな教材と言われておりますDVD教材です。
昔より、全くの法律知識ゼロから着手して、司法書士試験合格に欠かせない試験勉強時間は、通常「3000時間以上」と知られています。実際的に1回目で合格する方の勉強への取り組み時間は、3000時間前後と発表されています。
いわゆる難関と誰もが知る司法書士試験の難易度状況は、すごく高めのものになっており、合格率の平均値もたったの2%・3%と、国家資格の中で見ても、トップクラスに入るド級の難関試験なのです。

一切独学のみで勉強するほどの、精神力はございませんが、自分のテンポで学習したいと考える方でありましたら、強いて言いますと司法書士資格の通信講座を受講した方が、適した勉強法といえるのでは。
個別論点の内容に取り組み始めたとしましたら、関連がみれらる良質な演習問題になるべく取り組むようにし、数をこなして問題慣れしておくとの勉強法を実践するのも、司法書士試験の中の簿記論対策に関しては殊に効力がございます。
会社勤めをしながら寝る間を惜しんで勉強に励み、どうにか3度の受験で司法書士合格を獲得しました、当方の実体験を思い返しても、ここ数年は以前よりも難易度は、スッゴク上がっておりより狭き門になっているような気がしております。
勉強法が合っているかはそれぞれで独学で行っても、徹底的に、司法書士の職務に関して習得できるんであれば、合格を勝ち取るといったことは可能でございます。ただし、それについては物凄い、長い期間に渡るといったことが必要です。
実際に「くらしの法律家」として、不動産や会社の登記手続きなどの専門家として活躍する司法書士を受験する際、前提条件や資格は必要とされておりません。つまり誰でも挑戦することができるため、沢山ある通信教育の中におきましても、男女関係無く幅広い層から高人気の資格に挙げられています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|司法書士につきま... | トップ | 司法書士|一般的に毎年…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL