13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|現実法律専門研究の法科大学院卒業者であっても…。

2017-08-09 14:20:01 | 日記

もしも日商簿記検定の1級か2級を一から独学で、合格を得た方でありましたら、司法書士試験の必須科目の簿記論ですとか財務諸表論の2種類に限りましては、ともに独学で受験に合格するのも、難易度が高いことではないと思われます。
一切独学のみで学習を行うといった、精神力はございませんが、もしも自身の進行加減で取り組みたいと考える方でありましたら、どちらかといえば司法書士の通信講座(通信教育)の方が、好都合なスタイルの勉強法と思われます。
司法書士の代理で法律の仕事を執り行なう地域の法律家として、活躍の期待が寄せられている司法書士の立ち居地は、社会的に地位の高いといわれている資格であります。ですので、その分だけ試験の難易度に関しましてもメチャクチャ高くなっています。
現実法律専門研究の法科大学院卒業者であっても、不合格判定になることが生じたりするほどですから、キッチリした質の高い勉強法を考慮し挑まなければ、司法書士試験にて合格を果たすというのは困難といえます。
全部独学で司法書士試験に合格するぞとした場合は、あなた自身で適切な勉強法を発見する必要があります。そんな折に、特段好ましいやり方は、試験合格者がとった勉強法を参考にすることです。

常日頃から「法律を軸に考える頭を持った方」であるかそうでないのかということを選別するような、物凄く難易度の高めの資格試験に変わってきていますのが、ここ最近の司法書士試験の状況ではないでしょうか。
現実司法書士国家資格試験の合格率は、おおよそ1.75%と認識されています。ここ数年、日本国内に法務専門の法科大学院という機関が新しくでき、そのコースを終了することになれば、新司法試験を受験する際に必要な資格をゲットすることが可能です。
開講実績30年以上を誇るユーキャンの司法書士用の講座に関しましては、各年約2万人前後の受講実績があって、そんなに法律の知識が無いという方であったとしても、手堅く資格取得できる能力を基本的な事柄から身につけられる、お勧めの通信講座でございます。
現実司法試験と等しい勉強法で実行するのは、新たな司法書士試験に狙いを定めた受験生に比べて、合計の勉強量がものすごいボリュームになる可能性あります。そればかりか有益な結末は迎えられず、コスト(費用)とパフォーマンス(効果)のバランスが悪いです。
現実的に司法書士試験を独学スタイルで通すのは、すごぶる難関ですが、トライしてみたいと思っている受験者は、一番に簿記論や財務諸表論をはじめとする会計科目の習得から入るべし。

実際にDVDであったり、教科書を見る勉強のやり方に、少々不安感を持っているわけですが、実際に通信講座(通信教育)を受講して、司法書士資格取得を実現した受験者もいるわけだし、なので独学で取り組むよりかは、マシではないかと思うのです。
他と比較してリーズナブルな受講料金や学習範囲を選定し、費やす学習量をカットしたカリキュラムづくり、クオリティの高い教材各種などが話題の高い合格率を誇っているフォーサイト。司法書士の通信講座と言えばこの会社!というように言われている位、評判であります。
大多数の資格取得スクールにおきましては、司法書士資格向けの通信教育が開催されています。その内には、iPod(携帯型音楽プレーヤー)、USBメモリなどを利用して、時代の先端を取り入れ新しい勉強法で通信教育を受講することが可能である、スクールなんていうのも出てきました。
実際通信教育においては、教材のクオリティが受験生の運命を決めるといえます。昨今ではDVDやまたウェブでのオンライン配信などの動画学習系も増加していますが、司法書士の専門スクール毎で、その内容については違いがあるものです。
現在の司法書士に関しては、リアルに合格率が6%位と公表されており、事務系の公的資格としましては、狭き門の資格と考えられます。ですが、全部の問題中少なくとも6割正解できたら、合格確実です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|事実「法をベース... | トップ | 司法書士|事実法科大学院の... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL