13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|通常司法書士試験を独学で合格することは…。

2017-07-14 11:10:03 | 日記

いざ専門学校の司法書士に特化した授業を受けたいのだけど、近くの地域には専門学校ゼロ、会社が忙しい、学校に行くような時間を確保できないという受験生たちのために、各学校毎にて、自宅で学べる通信講座を設けています。
簡単に述べますと「足切り点」(ボーダーライン)というような受験制度が、司法書士試験にあり大きな特徴です。分かりやすくいうと、「一定レベルの点に届いていないと、合格になりませんよ」という水準点が最初に設けられているわけです。
実際大部分の専門スクールについては、司法書士向けの通信教育が提供されています。その内には、動画ファイルなどを活用して、時代に沿った新しい通信教育を開いている、専門学校・スクールなんていうのも出てきました。
現に、司法書士を目指すといった際については、完全に独学で合格しようとするとした人たちが少数ということが影響して、その他の試験と比べてみますと、役に立ちそうな市販の学習材も満足のいくほど、存在しません。
ベテランの先生たちから直接授業を受けることが出来る学校へ通うメリット部分に関しては、魅力あることですが、いつも高いモチベーションさえ保ち続けることにより、司法書士の通信教育での学習によって、間違いなくスキルアップが実現可能です。

通常司法書士試験を独学で合格することは、容易なことではありませんが、勉強法を効率よくしたり、必要な情報を確認することで、短期にて合格を志すといったことも、実現不可能なことではないのです。
言ってしまえば独学でやろうと、徹底的に、司法書士のやるべき中身について理解することができましたならば、資格を有することは可能となります。ともあれ、そうなるためにはかなり、長時間学習することが要されます。
基本的に司法書士の職種は、一から独学で臨んだとしても合格を手に入れられる資格の一つとしてあげられています。確かに、働いている方々が前向きな姿勢で臨む資格としては現実味がありますが、裏腹でめちゃくちゃ高い難易度となっています。
大抵、司法書士試験に全部独学で合格するといったことは、容易なことではないということを理解しておこう。それに関しましてはこれまでの合格率の数字が10%以上になることがみられない現実からも、明白に推し量れるものであります。
このインターネットサイト上では、司法書士試験対策の通信教育を、的確に正しく選ぶことができるように、客観的な立場によって評定できるデータを定期的に紹介していきます。そして、その後は自分で取捨選択してください。

原則的に司法書士試験の特徴を挙げると、達成度を評価する試験システムであり、合格できる上限人数を前もって設定していないので、一言で言うと出題された問題の難易度の水準が、明確に合格率に大きく反映されることになります。
実際司法書士試験については、かなり難関であります。合格率で言えば、およそ全体の10%程度です。されど、一回に絞った試験でチャレンジせず、数年かけて合格を志すつもりであるなら、そんなにも難度が高いものではないと思われます。
色々ある国家資格と比較しましても、高い難易度とされている司法書士の業種ですが、合格するまでの道が障害が多いからこそ、ようやく国家資格を得た後はニーズの高さや給料、一層権威ある地位を持つことが出来る見込みもあります。
基本通信教育では、司法書士試験に絞った対応措置を必要な分まとめ上げた、オリジナルの教材が存在しますから、独学で進めるよりも勉強の手順がマスターしやすく、勉強がやりやすいと考えます。
当HPにつきましては、現役で活躍中のベテラン司法書士が、司法書士試験のGOODな勉強法のコツを紹介し、様々にある司法書士向けの通信講座の一般受けの様子、利用の感想などの情報を収集し、掲載しているホームページです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|現在は司法書士試... | トップ | 司法書士|ずっと前から司法... »

日記」カテゴリの最新記事