13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|合格率の割合が全体の内の7%だと言われると…。

2017-07-13 15:30:06 | 日記

学校に通う通学講座と家で勉強する通信講座の双方のコースを同時進行で利用できる、『本気になったら大原♪』がキャッチコピーの「資格の大原」は、高精度の教科書と、経験豊かな教師陣にて、毎回司法書士合格者の半分以上の合格者を輩出するという自慢の実績を誇っています。
司法書士試験に関しては、高い難易度を誇る国家試験と挙げられておりますので、経験豊富な教師陣が揃った予備校に通学するようにした方が、無難な選択です。だけど、一切合切独学だとしても受験生により、とても効果がみられるなんてこともあるものです。
オールラウンドで活かせるテキストであれどピックアップされていない、学識が必要とされる問題につきましては、スッキリと降参するようにしましょう。つまりいざ割り切る行動も、高難易度の司法書士試験に対しては、大事なポイントなのでございます。
難しい国家試験の司法書士試験にトライする場合においては、生半可な姿勢では合格は絶対に不可能であります。その上たった一人で独学にて合格を狙うのは、本気で取り組まなければいけません。ですがほんの少しでも便利なウェブサイトになれば非常に幸いに思います。
普通、司法書士試験に全て独学にて合格を叶えるのは、高難易度と言う事実をあらかじめ確認しておくように。それについては合格率が毎年10%超えしない現実からみても、明らかに想像できるはずであります。

通常多くの人たちは、知名度の高い会社だから間違いないなどの、無根拠の不確かな所以で、通信教育を選びがちです。ですが、そういったことでは高レベルの司法書士に、合格は出来ないと思います。
合格者の合格率の割合が3%のみの難関の、司法書士試験で合格を狙うには、オール独学での学習のみでチャレンジするといったことは、スムーズに行かないことがとても多くて、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して受験勉強に取り組むのが多数派となっております。
合格率の割合が全体の内の7%だと言われると、司法書士資格試験はかなり難易度が高そうにみえるものですけど、絶対評価によって定められた基準の全体のうちの60%以上の問題がバッチリ解けるようであれば、合格をゲットすることは間違いないといえます。
実際消費税法の内容は、司法書士試験の受験科目の中では、他よりもさほど難易度は高くなっておらず、簿記のベースの知識をキチンと把握していれば、他よりも楽に、合格点数を獲得することが出来るはず。
司法書士試験については、年も性別ともに受験の資格なんか無く、過去の学歴云々は条件が定められていません。であるからして、これまで、法律につきましての学習を全く行ったことがないようでも、優れた大学卒業の学歴を持っていないようでも、誰でも司法書士資格取得は可能なことです。

果たしてどんな教科書を活用して勉強をするのかというのではなく、どの勉強法に頼って進めるのかという方が、はるかに司法書士試験でパスするためには大切なポイントとなります
現実1教科ずつ受験できる科目合格制となっておりますので、司法書士試験は、社会人の方も受験に取り組みやすいながらも、一方で受験勉強生活が長期化するということがよくあります。たくさんの諸先輩の取り組んできた勉強法をお手本にするとよいでしょう。
現実的に30万円以上〜、または総額50万円以上である、司法書士受験用の通信講座も珍しいことではございません。それについては契約期間も、1年超えの長期にわたる受講コースで組まれているといったことが、多いです。
国家資格取得試験の司法書士試験の合格率の数値は、10%位と、超難関と知られている割には、別の国家資格と比べて高い合格率となっています。とは言え、1回で合格を手にするのは、極めて困難で望みが薄いと言われている現状です。
もし日商簿記検定試験1〜2級を独学の学習で、合格を得た方でありましたら、司法書士試験の必須科目の簿記論ですとか財務諸表論の2種類につきましては、完全に独学にて合格を獲得するといったのも、ハードルが高いわけではないのかも。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|サラリーマンをや... | トップ | 司法書士|一般的に司法書士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL