13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|一言でいいますなら「足切り点のライン」といった門前払いのシステムが…。

2017-07-10 12:00:04 | 日記

一般的に良質な演習問題にて基礎的な学習能力を養い基盤をつくった後に、実践に基づく応用の問題へと転換していく、フツーの勉強法を実行するのが、司法書士試験を受ける上での必須科目である簿記論の為には、効果が期待できるみたいです。
個別論点問題に着手したら、関係する試験の演習問題に出来る限り何度も挑んで、キッチリ問題に慣れるようにするといったような勉強法を新たに盛り込むというのも、司法書士試験での簿記論試験対策においてはとても実効性があります。
各教科の合格率を見ると、およそ10%程度と、各科目もそろって難易度高の司法書士試験は、科目ごとの合格システムをとっているんで、就労しながら合格を志せる、資格なのです。
最近の司法書士については、超難易度高の試験内容になっており、通信教育の選択方法で、合格するか不合格となるかの境界が決まるのです。されど、数え切れないくらいの会社があるため、どの会社を選ぶと合格への道に近いか、思案する人も沢山いらっしゃるかと思います。
本来司法書士試験は、やさしい試験とはいえません。毎回合格率は、10%程となっています。だけど、一回きりの試験で臨むのではなくて、長期間かけて合格を獲得しようというのであったら、特別実現できないことではないです。

実際に国家試験の司法書士試験の合格率に関しては、10%〜12%と、難易度が高いと言われる割には、高めの合格率が出ております。されど、1発目で合格を得るといったことは、可能性がほぼゼロと昔から言われているようです。
一言でいいますなら「足切り点のライン」といった門前払いのシステムが、司法書士試験におきましてはございます。簡潔に言えば、「定める点数に達していないとしたときは、不合格判定になります」とされます境界の点数があらかじめあるのです。
基本的に司法書士試験につきましては、年齢・性別などの受験資格は指定されておらずに、学歴に関しては条件に入っていません。なので、それまでに、法律に関しましての学習を全然やったことがないといった人であっても、知名度が高い学校卒業の学歴がないケースでも、司法書士資格は取得可能であります。
根本的に司法書士試験の特徴を示しますと、定められた基準を軸に評価する試験で行われていて、合格者数の定員を決定していないので、言ってしまえば試験問題の難易度の度合いが、明確に合格率に関係することとなります。
現在数多くの方々が、司法書士の合格・資格取得までを書いたブログ等というのを、色々情報収集して読んでいる理由というのは、ほぼ、どういった勉強法やスタイルが自分自身に1番適切であるのか、思い迷っているからでしょう。

実際司法書士試験に関しては、メチャクチャ難関であると言われております、国家資格の中の1業種です。このサイトでは、司法書士試験にストレートで合格するための効率的な勉強法・コツなどを、自分自身の合格獲得の生の経験を基に公開します。
いろんなメリットがある、司法書士の資格学校に足を運ぶ能率的な勉強法ですけど、十万単位のある程度の投資額が掛かるため、どんな人でも受講できるわけじゃないというのが本音です。
効率の悪い勉強法で臨んで、労力掛けて寄り道することほど、もったいないことはないでしょう。とにかく最善の勉強法によりごく短期で合格を勝ち取り、司法書士として活躍しましょう。
実際1科目ごとに受験可能な科目合格制度だから、司法書士試験に関しましては、仕事をしている人も受験にトライしやすいのですけど、逆に受験生活の期間が長引いてしまう可能性があります。なので、先人の方々のやってきた勉強法をお手本にするとよいでしょう。
従来は合格率10%以上の台が定番になっておりました司法書士試験だったけども、今現在、低下し1割満たない値で滞っています。合格率が一桁ならば、難易度が厳しい難関資格のひとつとして、考えてもいいでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|難所である「税法... | トップ | 司法書士|現実難易度が高度... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL