13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|これまで素人で法律の知識になんて一度も触れたことなど無いのに…。

2017-07-29 19:10:05 | 日記

今後資格取得に向けて学習に取り組むという方なんかは、「司法書士試験に於いては、どれくらいの学習時間を維持したら合格することが可能であるの?」なんかは、当然知っておきたい点ではないでしょうか。
これまで素人で法律の知識になんて一度も触れたことなど無いのに、短期間で司法書士試験合格を果たす強者も多くいます。この人たちに同様に共通している点は、例外なく自分にフィットした「確実な勉強法」を選択できたということでしょう。
こちらのHPサイトでは、司法書士資格取得を目指す通信教育を、キッチリチョイスすることができますように、第三者的な立場で品定めできます最新情報を提供していきます。そしてそれを参考にして、この先はご自分で選択しましょう。
1年に1度、大よそ2万・3万人の受験生が試験を受けて、その中の600人〜最高900人前後位しか、合格判定を得ることが出来ません。そうした現実に注視しましても、司法書士試験難易度が超高いというのが認識できます。
司法書士の資格をとる場合、受験者の合格率が6%ぐらいと言われていて、デスクワーク・事務系資格では、狭き門の資格として扱われています。といいましても、全ての試験問題の中最低6割正解できたら、絶対に合格実現できます。

実際通信教育ですと、どの会社のものでも司法書士試験1本に焦点を合わせた方策を必要な分まとめ上げた、特化した教材が揃えられておりますから、完全独学よりも学習一連の流れが身につけやすく、学習がしやすいはずです。
実際に全資格試験科目の平均合格率の数字につきましては、大体10〜12%位で、他にある難関といわれる資格よりも、合格率が高いように捉えやすいですけど、これは各科目の合格率であるわけで、司法書士試験そのものの合格率ではございません。
簿記論科目においては、マスターしないとならない事柄は大量なわけですが、ほぼ全部計算問題のパターンにて出されるため、司法書士の資格を得ようとするためには、割かし独学で挑んでも、勉強がとりかかりやすいタイプの科目に当たります。
基本として、司法書士試験に完全に独学で合格を志すのは、難易度が高いということを知っておきましょう。そのことに関しては過去の合格者の合格率のラインが10%に届くことがない現況をみても、ありありと認識することができるでしょう。
原則的に司法書士試験を独学にてやりぬくには、かなり厳しいことでありますけれども、チャレンジしたいと思っている受験生は、まず先に簿記論など会計科目を会得することから着手することを推奨します。

現実的に法科大学院卒業者であっても、不合格となってしまうことが起こりえるため、要点をとらえた効果的な勉強法を熟考し立ち向かわなければ、司法書士試験に合格するのはハードとなるでしょう。
実際に会計事務所であったり司法書士事務所にて働き、本格的な経験を積み重ねつつ、確実に頑張っていくというような方でしたら、通信講座のスタイルを選ぶ方が最善だろうと思います。
エキスパート講師陣にその場で見てもらえる学校通学の特徴は、興味深いですけれども、意欲さえ維持し続けたら、司法書士資格取得の通信教育での学習にて、間違いなく実力を身につけることが可能だと思います。
通信講座のケースですと、司法書士でありましても司法書士にしましても、どちらも本人の家にまで教科書などを宅配していただけるんで、それぞれの都合の良い段取りで、勉強に励むということができるんです。
現実的に司法書士の試験を受ける場合は、専門スクールに通わずに独学で合格しようとするとした人たちが少数となっていることもあり、全くもってほかの試験と比べてみますと、市販の教科書も十分に、本屋さんに売っていません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|実際くらしの法律... | トップ | 司法書士|実際通信教育にお... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL