社労士歴13年の中堅社会保険労務士教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

合計13年の経験を持つ社労士が教える受験に関する情報から独立、開業、のためのノウハウを随時発信していくブログです!

社会保険労務士|仮に日商簿記検定試験1・2級を誰にも頼らす独学で…。

2017-06-19 15:20:01 | 日記

実際、専門スクールに通ってベテラン講師陣から直に教わっている方たちと、さほど違いが見受けられない勉強を実施するということができます。そういうことをその通りに実現するのが、もはや社会保険労務士向け通信講座の主流の学習材といわれるDVD教材です。
一般的に高難度として周知されている社会保険労務士試験の難易度に関しましては、まことに高度で、平均の合格率もほんの3%前後と、法律関係の国家資格の中におきましても、トップクラスに入るド級の難関試験なのです。
安価や勉強範囲をチョイスして、学ぶ量を可能な限り少なめにしているタイムテーブル、質の高い指導書などが大人気の資格取得に強いフォーサイト。近ごろ社会保険労務士の資格をとる通信講座と言えばココがベスト、とされるくらい、人気が高いです。
仮に日商簿記検定試験1・2級を誰にも頼らす独学で、合格を勝ち取った受験者なら、社会保険労務士試験の必須科目の簿記論、財務諸表論のこの2分野に関しては、同じく完全独学で合格を実現しようとするのも、厳しいわけではないのかも。
何年か前までは合格率10%超えが通常になっていた社会保険労務士試験であったけれど、なんと今や、一桁台であり続けています。合格率一桁の台というと、難易度が高めの国家資格の中の一つとして、認知されることになります。

最初から最後まで独学で社会保険労務士試験にて合格を得ようとする際には、己でベストな自己勉強法を見出さなければなりません。そういうような折に、ナンバーワンに最善なアプローチ法は、合格者の方が実行していた勉強法を丸ごと真似することをおススメします。
毎回全試験科目の平均合格率の値は、概ね1割とされ、他の難関国家資格よりも、合格率が上であるように見えますが、これにつきましては各受験科目の合格率であって、社会保険労務士試験トータルでの合格率では、決してないのです。
実際に数ある国家資格と比較しても、特段難易度が高めである社会保険労務士の職種でありますけれど、合格するまでの道が難関であるからこそ、見事資格を獲得した以降には就職率の高さや報酬額、加えて名誉ある地位を構築できる見込みもあります。
世間的に社会保険労務士の資格取得は、法律系資格試験の門戸の狭い入口ながらも、様々な年の人たちに人気が高いのですけれどそれとは別に、合格・資格取得後には、自ら社会保険労務士事務所を持って、独立して開業を行うのも不可能でない法律系資格試験でございます。
たった一人で独学により勉学するほどの、十分な自信は持っておりませんが、ご自分の調子に合わせながら学ぶようにしたいという人には、どちらかといえば社会保険労務士の通信講座をチョイスした方が、効率的な勉強法といえるのでは。

実際社会保険労務士の通信講座の中にて、一際イチ押ししたいのは、合格実績が高いLEC です。取り扱っている学習書は、社会保険労務士受験生のうちで、最良の教科書として注目されています。
現実的に30万円以上〜、時々には50万円以上の金額の、社会保険労務士対象の通信講座などもさほど珍しくありません。そうして受講期間についても、1年以上位の長期間のコースとなっている場合が、多いです。
基本的に社会保険労務士の職種は、オール独学でやっても合格を可能とすることができる資格であります。今現在、サラリーマンをやっている方が発起して志す国家資格としては期待大でありますが、隣りあわせで難易度もハイレベルとされています。
多種多様な事柄をまとめたテキスト書においても記されていない、知識が必要となる問題におきましては、潔くとばしましょう。完璧を狙わず割り切るようにすることも、難易度が高めの社会保険労務士試験に対しては、肝心なことなんです。
大学で法律を専攻していなくても、及びNO知識&経験であれど社会保険労務士にはなれるわけですが、ともあれオール独学は、何百時間もの勉強時間・量も絶対に欠かせません。己自身も専門学校等に通うことなく独学で合格した為、そのことを思い知らされています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会保険労務士|これまで法... | トップ | 社会保険労務士|資格をとっ... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL