社労士歴13年の中堅社会保険労務士教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

合計13年の経験を持つ社労士が教える受験に関する情報から独立、開業、のためのノウハウを随時発信していくブログです!

社会保険労務士|平成18年の法令変更により…。

2017-06-18 21:10:03 | 日記

あらかじめ法律知識ゼロにも関わらず、比較的短いスパンにて社会保険労務士試験に合格することができるツワモノもいます。合格をした方々に同じように見ることが出来る点は、自身にピッタリの「実践的な勉強法」に出会うことができたことです。
現在の社会保険労務士試験におきましては、基本的には筆記試験(記述式問題)だけしか用意されていないと、捉えていいでしょう。その理由は、面接での口述試験に関しましては、余程の事が起きない限り落ちるはずがない試験の中身だからです。
難易度レベルが高い「理論の暗記」を中心にして、社会保険労務士試験のお勧めの勉強法及び頭脳の開発、速聴や速読の能力トレーニングなどについても余すことなく突きつめています!他にも能率的な暗記法であったり、学習に、使えるあらゆる事柄等様々な情報をピックアップいたします。
法律系の大学卒業の資格がないといけない必要も、並びに実務の経験ゼロであっても社会保険労務士の資格を取得することはできますが、だからこそ一切独学で取り組むという人なら、寝る間を惜しむくらいの勉強することも要必須です。小生も専門学校等に通うことなく独学で合格した為、身にしみています。
基本的に通信講座を受けることになると、社会保険労務士でありましても社会保険労務士だとか関係なく、2つとも自分の家まで教材各種を郵送していただけますため、あなた自身の都合の良い段取りで、学ぶのが可能です。

平成18年の法令変更により、法律系資格の社会保険労務士試験は、広範囲にわたり改定がされました。それまでよりも法令科目が、重点を置かれるようになって、選択式問題及び、記述式の試験問題のような新しい傾向の試験問題も登場し出しました。
今の時点に皆さんが、社会保険労務士の合格・資格取得までを書いたブログ等というのを、色々リサーチして目を通しているワケは、大半が、どういう勉強法が自分にとってより適正であるのか、考えあぐねているからでしょう。
安めの価格設定、出題される範囲をピックアップし、学習の量を出来るだけ減らしたコース、優良な教科書などが受験生の間で人気となっておりますフォーサイト。社会保険労務士通信講座ならまずコレ!とされるくらい、人気が高いです。
いろんなメリットがある、社会保険労務士の専門学校に通学する上でのノウハウがつまった勉強法ですけれども、現実十万を超えるかなりのお金が必須ですから、受験生皆が入学できるものではないと断言できます。
社会人として働きながらも、社会保険労務士を目指す方も多く存在すると思われますので、いかに自分の行えることを日課として確実にやっていくということが、社会保険労務士試験合格への最短となるのかもしれないですよ。

従来は合格率約10%以上を保っていた社会保険労務士試験でございましたけれども、現在、低下し1割満たない値で滞っています。合格率が一桁ならば、難易度レベルが超高い国家資格の中の一つとして、考えられます。
実際合格率が毎年7%位と聞くと、社会保険労務士の受験は極めて難易度が厳しそうでございますが、指標に基づくボーダーラインの合計60%以上の試験問題がバッチリ解けるようであれば、合格を勝ち得ることは疑いないのです。
従来は社会保険労務士試験につきましては、相対的に取得しやすい国家資格なんていうように言われておりましたが、今日においては大層狭き門になっており、他の資格よりも合格することができないという資格の1つになっております。
会社に勤務しながら真面目に勉強を行って、ようやく3回目の受験で社会保険労務士資格試験に合格することができました、自身の経験をみても、ここ2・3年の難易度は、明らかにアップしてきているのではないかと思います。
毎年全教科の平均合格率の値は、おおよそ10〜12%で、色々あるほかの高難度の資格より、合格率が上であるように見えますが、これに関しては教科毎の合格率でして、社会保険労務士試験全体の合格率ではないんで、頭の片隅に置いておいてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会保険労務士|実際に合格... | トップ | 社会保険労務士|実際にU-CAN... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL