社労士歴13年の中堅社会保険労務士教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

合計13年の経験を持つ社労士が教える受験に関する情報から独立、開業、のためのノウハウを随時発信していくブログです!

社会保険労務士|実際に合格率3%程度の茨の道の…。

2017-06-18 18:10:03 | 日記

確かに社会保険労務士試験の受験というのは、全力で取り組まなければ不合格になってしまう、ハイレベルな試験であるといったように思えます。つまるところ費やすことができる貴重な時間を能率的に使用し試験勉強に取り組んだ人が結果的に合格できる試験といえるのです。
可能でしたら危険回避、堅実に、念のためにという狙いで、社会保険労務士試験のケースでは、専門スクールに通学した方が確実ですが、けれども独学を一案に入れてもいいかと思われます。
暮らしに役立つ法律家として、不動産や会社の登記手続きなどの専門家として活躍する社会保険労務士の受験をする際は、条件・経歴は問われることはありません。原則的に誰でありましても挑戦可能ですから、通信教育の資格講座でも、性別かつ年齢関係ナシに関心を寄せられているランキング上位の資格であります。
一般的に高い専門性を持つ法令の中身で、難易度が大変高いわけですが、根本的に社会保険労務士試験に関しては、科目合格制度のシステムを設けておりますから、1つの科目ごとに一年に一度5年かけて合格を得ていく方法も、OKな試験でございます。
1年に1度、2・3万名位が受験に臨み、その中からたったの600人〜900人くらいのみしか、合格判定を得ることが出来ません。こうした現状をとり上げましても、社会保険労務士試験の難易度の高さがわかるものです。

社会保険労務士の試験で合格するためには、能率的な勉強法でやるのが、最も肝です。このサイト上では、社会保険労務士試験の試験日であったり参考文献の選び方等、受験生たちに有効な色んな情報をお届けしております。
国家資格試験の社会保険労務士試験の合格率の割合は、10〜12%と、狭き門と言われているにしては、高めの合格率が出ております。けれども、1回で合格することが出来るのは、不可能に近いと昔から言われているようです。
実際に合格率3%程度の茨の道の、社会保険労務士試験で合格を狙うには、オール独学での試験勉強だけでは、上手くいかない場合がよくあり、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して受験勉強に努めるのが普通といえます。
大抵、社会保険労務士試験にオール独学にて合格を得るのは、容易なことではないということを覚えておくといいでしょう。それに関しましてはこれまでの合格率の数字が10%以上になることがみられないデータによっても、疑う余地もなく思い浮かべることができるはず。
科目ごとの合格率のパーセンテージは、ほぼ10%強というように、各科目とも難易度が高度な社会保険労務士試験は、いわゆる科目合格制であるため、仕事しつつ合格を現実にすることが可能な、資格といえるでしょう。

実際社会保険労務士試験に関しては、メチャクチャ難関であると言われております、国家資格の中の1業種です。ここでは、目的の社会保険労務士試験に必ずや合格するための工夫された勉強法などを、自分の合格を掴むまでの経験を基本として詳しく書いていきます。
社会保険労務士試験に関しましては、年齢についてや性別、これまでの学歴などの指定はないですから、誰であっても試験を受けることができるようになっています。もしも法律の事柄の学識が全く無い方でも、キッチリ受験対策を実施するようにすれば、合格できてしまいます。
法令の消費税法に関しましては、社会保険労務士試験の主要科目の中では、そんなには難易度は厳しくなく、簿記の基本の知識を押さえておくことにより、割と難度も低く簡単に、合格ラインに達することが出来るはず。
仮に日商簿記検定試験1・2級を完全に独学にて、見事合格されたといった人であるなら、社会保険労務士試験におきまして簿記論ですとか財務諸表論の2種類だけは、完全に独学にて合格を狙おうとすることも、難儀な挑戦ではないのでは。
実際5種の教科に合格できるまで、長い年月がかかる社会保険労務士試験では、勉強を続ける時間を確保できる環境であるか否かが、重要なポイントになり、その中でも通信教育講座は、一段とそうした点が関係します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会保険労務士|社会保険労... | トップ | 社会保険労務士|平成18年の... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL