社労士歴13年の中堅社会保険労務士教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

合計13年の経験を持つ社労士が教える受験に関する情報から独立、開業、のためのノウハウを随時発信していくブログです!

社会保険労務士|毎年社会保険労務士資格の合格率は…。

2017-07-27 04:00:01 | 日記

通常社会保険労務士試験は、大学卒の資格が必須であるなど学歴等の指定はないですから、年齢に関係なく受験可能でございます。もし法律関係の知識が全然ない方であろうと、イチからしっかり受験対策で臨めば、高確率で合格することができるんですよ!
これまでに簿記検定試験1OR2級クラスをオール独学で、見事合格されたといった人であるなら、社会保険労務士試験の必須教科の簿記論、財務諸表論の計算問題メインの2教科に限るなら、そちらも両科目独学で合格を獲得するといったのも、決して難しいことではないと思われます。
こちらのウェブサイトにおきましては、社会保険労務士試験対策の通信教育を、キッチリ選びとれるように、中立的な立場で判断することが出来る様々な材料をお届けいたします。そしてそれを参考にして、この先はあなたの判断で取捨選択してください。
原則的に社会保険労務士試験をはじめから独学で挑むことは、かなり壁が高いものですけれども、チャレンジしたいと考えているような人たちは、差し当たり会計に関わる科目の勉強から入るといいのでは。
今までは社会保険労務士試験を受けても、割かし獲得しやすい資格であると認識されてきたわけですが、最近はグンとハードルが高くなっていて、何より合格への道が簡単ではない資格となっています。

毎年社会保険労務士資格の合格率は、おおよそ1.75%とされています。つい最近では、法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とする法科大学院がつくられ、この学部を修了することにより、新司法試験を受験する資格が授けられます。
何年か前までは合格率約10%以上が通常になっていた社会保険労務士試験であったけれど、今日び、マイナスになり一桁台の数字にて停滞しております。合格率が一桁でありますと、高い難易度の国家資格であるとして、広く認識されます。
オール独学での社会保険労務士資格の勉強法を選択する時に、まさに障害となることは、学習している中にて不明な点が生じた場合に、教えてくれる人がいないことです。
事業所の所得税に関する法人税法は、事業を展開する際に、決して欠かすことの出来ないベースの知識でございます。とは言っても、覚えるべきことがとてもたくさんあるので、社会保険労務士試験の科目の中でナンバーワンに厳しい関所などと言われているのです。
一般的に従来から、法律に関する知識が全くゼロの状態からやり始めて、社会保険労務士試験合格に要する勉学に対しての累計時間は、「3000時間ほど」とされております。現実確かに、一回目で合格をゲットした人のトータル時間は、平均的に3000時間となっております。

勿論、社会保険労務士試験の内容というものは、いい加減なやり方でしたら望む結果が得られない、超厳しい試験だと思われます。即ち少しでも使える時間があったら最大限に費やし勉強に努めたという方のみが、合格への道が開ける試験なんです。
実際9月時期から、次の社会保険労務士試験に向け事に当たりはじめる受験生も、いっぱいいらっしゃるでしょう。1年間ほどにわたるハードな受験勉強におきましては、自分に最も合う勉強法を把握する創造性も求められます。
基本的に社会保険労務士の職種は、最初から最後まで独学でやっても合格を可能とすることができる資格であります。殊に今日び、会社勤めの人が頑張って臨む資格としては望みが高いですが、その反面難易度もかなり高めです。
通学授業プラス通信講座の2タイプをミックスして受けることが出来る、資格取得専門の有名どころ「資格の大原」については、高精度の教材一式と、加えて優秀な講師たちによって、昔からずっと社会保険労務士合格者数の50%以上を出すといった名誉ある実績を誇っています。
科目ごとの合格率の値に関しましては、概算で10%前後と、どの科目ともに高い難易度とされる社会保険労務士試験は、社会人も受験しやすい科目合格制度ですから、仕事に就きながら合格を志せる、資格です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会保険労務士|このインタ... | トップ | 社会保険労務士|もし日商簿... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL