社労士歴13年の中堅社会保険労務士教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

合計13年の経験を持つ社労士が教える受験に関する情報から独立、開業、のためのノウハウを随時発信していくブログです!

社会保険労務士|大概のことは全て集約した学習書にさえ確認することの出来ない…。

2017-07-12 09:10:01 | 日記

基本として、社会保険労務士試験にたった一人で独学で合格することは、生半可な努力では無理という真実を先に確かめておきましょう。それは合格率が絶対に10%を超えない状況となっていることからも、ダイレクトにイメージできる事柄です。
実際初めから法律の知識になんて一度も触れたことなど無いのに、ごく短期の学習時間で社会保険労務士試験に合格するという先達も存在します。彼らの多くに見られる共通点は、みんな自分にマッチした「効率いい勉強法」を見い出せたということです。
通信教育(通信講座)だと、社会保険労務士試験に向けて専門の対策をパーフェクトに記載した、受験専用の教材(テキスト・DVDなど)があるため、独学と比較して学び方が認識しやすく、勉強に取り組みやすいでしょう。
法令系の国家資格であって、専門的特性の務めをする、社会保険労務士はじめ社会保険労務士ですが、難易度を比べますと社会保険労務士の方が厳しく、そしてまたその業務の中身にも、かなりそれぞれ違いがあるものです。
中でも9月初旬から、翌年度の社会保険労務士試験に挑むために準備をスタートする人も、多数存在するのではないでしょうか。1年間近く続いていく試験の勉強では、自らに1番合った勉強法を把握するオリジナリティも必須といえます。

現在、はたまた今後、社会保険労務士に独学スタイルで挑戦する方々あてにつくった、ポータルウェブサイトとなっています。ここでは合格を得るためのキーポイントまた、詳しい仕事の事柄、そのやりがい等をアップしています。
近ごろ社会保険労務士の通信講座の中におきまして、最もお薦めしたいのは、高い合格実績を誇るLEC です。利用されているテキスト書に関しては、多くの社会保険労務士受験者の中で、使いやすさ&網羅性NO.1の教科書として定評を得ております。
法律系国家試験の社会保険労務士試験の合格率のパーセンテージは、10%位と、狭き門と言われているにしては、合格率が高いものとなっています。しかしながら、最初の一発で合格を叶えられるのは、ほぼ不可能なことと聞かされました。
試験の制度の改編と一緒に、従来の運・不運に振り回される博打的な不安要素が省かれ、まさに手腕があるかないかが大きく問われる実力本位の試験へと、社会保険労務士試験はベースからチェンジしました。
一般的に高い専門性を持つ内容なので、難易度が相当高いですが、そもそも社会保険労務士試験では、便利な一部科目合格制があるため、1教科ずつ5年の期間を費やしてその都度合格をしても、アリの試験とされています。

前は社会保険労務士試験については、他の資格と比べて狙いやすい資格であると認識されてきたわけですが、今は大層ハイレベルになっており、かなり合格が出来ない資格と言われています。
厳しい関門といわれる「理論暗記」はじめ社会保険労務士試験の勉強法のコツプラス頭脳訓練、速聴や速読といったことなどについても徹底的に追求!そのこと以外にも暗記テクニックですとか、勉強をする中で、有益な多様なツールを様々に紹介いたします。
大概のことは全て集約した学習書にさえ確認することの出来ない、学識が必要とされる問題につきましては、サッパリと諦めるといいです。割り切る姿勢も、難易度の厳しい社会保険労務士試験に臨む場合には、欠かせないことなのです。
一般的に「くらしの法律家」として、専門分野で活躍する社会保険労務士の試験を受ける際に、資格に関しては不要です。つまり誰でも挑戦可能ですから、いくつもある通信教育の資格講座の中でも、年齢や性別を問わず幅広い層に人気が集まっているポピュラーな資格でございます。
社会保険労務士試験については、受験制限もなく、学歴の有無は指定はないものです。そのため、過去に、例え法律に関しての勉強を一度もやったことが無いようでも、名高い学校を卒業した学歴を持っていなくても、社会保険労務士の資格は取得可能となっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会保険労務士|それぞれの... | トップ | 社会保険労務士|実際かかる... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL