社労士歴13年の中堅社会保険労務士教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

合計13年の経験を持つ社労士が教える受験に関する情報から独立、開業、のためのノウハウを随時発信していくブログです!

社会保険労務士|イチから全て独学で通しているけど…。

2017-08-13 17:30:06 | 日記

消費税法の中身は、社会保険労務士試験の主要科目の中では、他よりもさほど難易度は高めではあらず、簿記の知識を土台からマスターしておいたら、割とイージーに、合格点数を獲得することが出来るはず。
実際社会保険労務士試験に関しては、1つの科目でわずか2時間しか試験時間がございません。つまりその限られている時間内にて、より高い合格点をゲットしなければいけないから、当たり前ですが素早さは絶対に必要です。
社会保険労務士試験というのは、現実的には筆記試験(記述式問題)だけしか存在せずといったように、考えていいです。どうしてかというと、面接官との口述試験は、余程の出来事が無い限りは決して落ちることのない試験となっているためです。
本来社会保険労務士試験は、やさしい試験とはいえません。合格率の平均は、10%程となっています。ですが、一回きりの試験で臨むのではなくて、何年間かに分けて合格を狙うつもりなら、言うほど実現できないことではないです。
世間一般的に社会保険労務士については、法律上の資格試験の難関でありながら、様々な年の人たちに人気が高いのですけれどそれとは別に、合格をゲットした将来には、個人オフィスなどを持って、最初から開業するという方法も実現可能な法律系の専門資格試験なのです。

現実的に毎年、大よそ2万・3万人が受験に臨み、その中からたったの600人〜900人ぐらいだけしか、合格をゲットできません。この現況に注視しましても、社会保険労務士試験突破の難易度が厳しいことがわかるものです。
難所である「理論暗記」を第一に、社会保険労務士試験の効率的な勉強法、そして科学的な頭脳開発、速聴や速読の能力トレーニングなどについても徹底究明!この他暗記力を高める方法だったり、受験勉強に、役立つアイテムを皆様に提供していきます。
一般的に全ての必須科目の合格者の合格率の平均は、おおよそ10〜12%で、他の難関とされる資格よりも、いくらか合格率が高く見えてしまいますが、これに関しましてはそれぞれの科目の合格率の値であり、社会保険労務士試験をひとまとめにした合格率というものではないです。
5教科合格を実現するまで、長いスパンを要する社会保険労務士の難関試験では、常に勉強をやり続けられる安定した環境が、重要で、通信教育での勉強法を選ぶ場合は、特別その要素が関与してきます。
勿論のこと独学の勉強法にて、合格を叶えるといったことは、やってやれないことではないです。さりとて、社会保険労務士資格は10人挑んでも、全員アウトになる難易度マックスの試験であります。勝利を得るには、効率的な学習法を会得することが求められます。

現実的に合格率の数値は、社会保険労務士資格の難易度が高いかどうかを表わす基準の1つでございますが、昨今、この割合がありありと低下気味であって、受験生達の関心が深くなっています。
現実的に社会保険労務士試験を独学にて行うのは、かなり壁が高いものですけれども、それでも取り組みたいと考えている方は、さしあたって会計に関わる科目の勉強からし始めるようにするのがおススメ。
イチから全て独学で通しているけど、日々のスケジュール調整であったり受験勉強の方法などに、気がかりに感じる等々の際は、社会保険労務士試験を受ける人を対象とする通信講座にて学習するのも、1案といえるでしょう。
近い将来資格をとるため試験勉強を始める受験生にあたっては、「社会保険労務士試験においては、どれ程の学習時間をとったならば合格が実現出来るんだろうか?」というデータは、気に掛かる部分ではないでしょうか。
科目合格制をとっている、社会保険労務士試験のシステムは、1度の試験にて一気に、5教科を受験するといった規則はなく、1つの科目ごとに受験してもOK。合格できました科目に関しては、社会保険労務士資格を得るまで有効とされており安心です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会保険労務士|現実国家試... | トップ | 社会保険労務士|お仕事をや... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL