税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|一般的に会計事務所または税理士事務所にて働き…。

2017-08-05 13:00:01 | 日記

現在の税理士に関しては、リアルに合格率が6%位と周知されておりますので、デスクワーク・事務系資格では、競争率の高い難関資格に分類されています。だけど、全部の問題中6割合えば、間違いなく合格するのです。
日本でもナンバー10に入る難易度が高い税理士試験の中身は、憲法・民法などの11教科の法律からいろんな難題が出されるため、合格を獲得しようとするには、長い期間に渡っての学習をすることが大事です。
基本通信教育は、学習教材の出来が最終的に合否を分けます。今時はDVDだったりオンライン動画配信などの動画授業も豊富ですが、個々の税理士のスクールごとにより、指導方法は相当違っております。
たった一人で独学にて税理士試験合格を目指そうとするなら、あなた自身で最善の勉強法を身につける必要がございます。このために、殊に最善なアプローチ法は、試験合格者がとった勉強法をコピーすることといえます。
実はDVD及び、テキスト教材を見るという勉強の進め方に、ちょっぴり不安を感じますが、事実上通信講座を受けて、税理士の国家資格を得た先達も多数存在していますし、よって1人独学で頑張るよりは、良いのではないかと思っております。

法令の知識を大学で勉強していなくても、またかつ全くの素人であろうと税理士の国家資格はとれるものですが、しかしながら完全に独学であるケースは、学習時間も必ず求められます。わたくし本人もまるっきり独学で合格を勝ち取ったので、身をもって思います。
実際に税理士試験とは、税理士を生業にするために絶対に必要な造詣の深さ、そしてそれについての応用力の有無を、審判することを目的に掲げ、執り行われる門戸の狭い国家試験です。
これまでに簿記検定試験1OR2級クラスをたった一人の力で独学で、合格できた実力の持ち主であったら、税理士試験での簿記論、財務諸表論の計算問題メインの2教科に関しては、ベースを理解しているため独学にて合格を叶えるのも、高難度なというわけではないかも。
どのような事柄に対しても「法律を基本にして思考が出来る人物」であるか否かを見極めるような、超難易度が厳しい受験にチェンジしてきたのが、近年の税理士試験のリアルな現状ではないでしょうか。
実を言いますと、税理士の試験を受ける場合は、学校にも通わず独学スタイルで合格実現を目指す人があまりいないということもあり、税理士以外の資格試験と比較して、市販の教科書もさほど、存在しません。

合格率3%くらいしかないハイレベルの、税理士試験にて合格をゲットするには、オール独学での勉強だけだと、困難な場合が多く見られ、資格取得予備校に足を運ぶか、通信教育を利用して学習するのがほとんどであります。
一般的に会計事務所または税理士事務所にて働き、現場において実地経験を積み上げながら、徐々に勉強に励むといった人の場合は、通信講座の学習方法がマッチしているだと言えるのではないでしょうか。
通常5科目合格を叶えるまでに、長い年数がかかってしまう税理士資格取得の試験では、勉強を続けることが可能である安定した環境が、肝で、その中でも通信教育講座は、よりそれが言えることと思います。
税理士については、もし誰にも頼らず独学であろうと合格を目指せる資格とされております。特に今、仕事をしている人がいざ一念発起で臨む資格としては見込みがあるものですが、その反面高難易度とされております。
仕事をやり続けながら資格の取得を目指して学習して、3回目の正直で挑んだ試験で税理士合格を獲得しました、小生のくぐり抜けてきた体験を回顧しても、ここ数年の難易度レベルは、とても上昇してきていると思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|高度な知識や経験を... | トップ | 税理士|実際に税理士資格取... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL