税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|国家資格試験の税理士試験の合格率については…。

2017-07-29 16:40:01 | 日記

国家資格試験の税理士試験の合格率については、10%〜12%と、高い難易度であるとよく言われているにしては、国家資格内でも高い合格率を出しています。だとしても、1回で合格を手にするのは、可能性がほぼゼロであると言っても過言ではありません。
実際通信教育ですと、どの会社のものでも税理士試験に向けての対応策を不足なくピックアップした、特化した学習材があるので、独学と比較して勉強の進め方が掴みやすくって、勉強がやりやすいと断言します。
現実1教科ずつ受験できる科目合格制でございますため、税理士試験におきましては、多忙な社会人受験者も受験に挑みやすいけれども、反対に受験生活にかかる期間が長くなってしまう可能性があります。ですので、多くの先達の勉強法の具体的手法を実践してみることも有効です。
現今の税理士試験については、本音で言えば筆記試験(記述式問題)だけしか存在せずというように、捉えていいでしょう。どうしてかと言えば、口頭での試験は、よほどでないと不合格扱いにならない試験内容だからです。
高い網羅性を誇っているテキスト書においても記されていない、教養を要する試験問題等は、直ちに諦める事をおすすめします。完璧を狙わず割り切るようにすることも、難易度の厳しい税理士試験に対しては、重要とされます。

毎度大抵、税理士試験の合格率の割合は、一桁台で2〜3%くらいです。長期間の受験勉強時間との釣り合いを一考すると、税理士の試験内容がどれほど難関となってるか頭に思い描けるはず。
一般的にほとんどの資格スクールに関しては、税理士になるための通信教育が開かれています。そんな中には、iPod等の携帯端末だとかUSBメモリなどを使って、流行の先端を行くNEWスタイルでの通信教育を実施している、資格専門学校というのもあります。
プラスとなる面ばかりの、税理士のスクールに通う上での効率的な勉強法ですが、合計何十万というそこそこの費用が必要ですので、全員皆が入学できるというわけではなさそうです。
原則的に税理士試験は、メチャクチャ難易度が高いです。合格率の値は、おおよそ10%位です。だけど、一回のみの試験ではあらずに、数年かけて合格しようとするのであれば、取り立てて困難なことではないと思います。
基本的に税理士試験につきましては、受験制限もなく、学歴に関しては条件にありません。であるからして、これまで、法律に関しましての勉強を一度もやったことが無いようでも、頭の良い学校を卒業しておらずとも、税理士の資格取得はできます。

実はDVD及び、テキストを活用しての勉強に対して、少々不安を持っていますけれど、過去に通信講座オンリーで、税理士の試験に合格した先達も多数存在していますし、独学する選択をとるよりも、安心できるのではないかなと思っています。
中には法科大学院の修了者であれど、不合格の判定がでることが見られるほどなので、効率的な効率のいい勉強法を理解した上でトライしなければ、税理士の試験に合格をするのはメチャクチャ大変でしょう。
必須分野の5科目に合格するまで、長い年月がかかる税理士資格受験では、常に勉強をやり続けられる安定した環境が、重要で、現実通信教育での講座は、なおさらそれが言えるのではないでしょうか。
当ホームページは、第一線で活躍しているベテランの税理士が、税理士試験の有効な勉強法のコツを紹介し、様々にある税理士向けの通信講座の世間の人気度、口コミ・レビューなどをリサーチし、とりまとめたHPとなっています。
基本的に税理士の職種は、誰にも頼らず独学であろうと合格を叶えられる資格といえるでしょう。確かに、仕事をしている人たちが前向きな姿勢で励む法律系国家資格としては可能性が高いわけですが、それとともに難易度もハイレベルとされています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|平成18年度(2006年... | トップ | 税理士|実際に5種類の科目... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL