税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|実際に科目合格制度をとっております…。

2017-07-15 09:40:02 | 日記

現実1教科ずつ受験できる科目合格制が採用されていることから、税理士試験は、お仕事をしている社会人も受験にトライしやすいのですけど、逆に受験勉強期間がずっと続く嫌いがあります。よって先輩合格者方の勉強法の内容を実践してみることも有効です。
通信講座が学べる予備校も学習法に関しましてもいろいろございます。その事から、いくつもの税理士の通信講座プランの内より、あまり勉強する時間が持てないとした多忙な方でも学習することが出来ます、通信講座を行っているスクールを見比べてみました。
つい最近の税理士は、とっても難易度の高い問題が出題されており、通信教育をどれにするかで、合格できるかOR不合格になるかが決まってしまいます。ですが、沢山の会社が存在しているから、何処を選んだら確実か、悩む方も多いかと思います。
実際税理士試験の大きな特性の1つとして成績そのものを評価する試験システムであり、合格者の定員数をのっけから定めていないので、つまり問題内容の難易度レベルが、ダイレクトに合格率になっています。
スクールでの通学講座と通信講座のコースを同時進行で受講することが出来ます、「資格の大原」の専門学校におきましては、優良な学習材と、プロの講師陣によって、長年税理士合格者の2分の1を巣立たせる輝かしい実績を誇ります。

実際通信教育ですと、どの会社のものでも税理士試験に的を絞ったアプローチ策をパーフェクトに記載した、試験専用のテキスト教材が取り揃っているため、独学でやるよりも学び方がキャッチしやすくて、勉強が順調に進むはずです。
講義を収録したDVDや、テキストを用いての学習の仕方に、多少心配&不安があったりするのですけど、実際通信講座を活用して、税理士資格をゲットした受験生もとても多いし、それ故独学スタイルよりは、合格への道が近いと思うようにしています。
プロの先生方より直接的に指導してもらえる専門学校へ通うプラスの点は、とても魅力的でございますが、意欲さえ保ち続けることにより、税理士対象の通信教育学習で、充分にレベルアップが出来るといえます。
事実税理士に関しましては、全体的に合格率が6%程度と周知されておりますので、デスクワーク・事務系資格では、競争率の高い難関資格に入っています。しかしながら、全試験問題の中で約6割正解すると、間違いなく合格するのです。
わかりやすく言いますと税理士試験は、税理士の資格を保有するのに欠かせない法令などの知識はじめ、そのことを活かす技量があるかどうかを、判断することを目当てに、行われている日本でトップクラスの国家試験です。

実際税理士試験の勉強については、集中力をキープしにくかったりだとか、同じ精神状態を保つことがきつかったりなどとウィークポイントも感じておりましたが、全体的には通信講座を行って、良い結果につながったというように思っております。
一切独学のみで学習を行うといった、十分な自信は持っておりませんが、自分のテンポで学べれば方には、あえて言うなら税理士専門の通信講座を選んだ方が、条件に適う勉強法といえます。
会社に勤務しながら並行して空いた時間に勉強をやり続け、とうとう3度目の試験にて税理士資格試験に合格することができました、当方の体験過程を思い出しても、ここ2・3年の難易度に関しましては、大分高くなっていてさらに難関になってきているという印象があります。
簿記論の教科に関しましては、暗記するべき総量はたっぷりなものの、百発百中で計算タイプの試験問題にて構成がなされているため、税理士に合格するには他の国家資格と比べても、独学で挑んでも、身につけやすい試験教科といえるでしょう。
実際に科目合格制度をとっております、税理士試験については、1度の試験にて一気に、5分野の科目を受験する必要性はなくって、1つの科目ごとに受験することもOKとされています。1度合格点を得た科目は、税理士の資格をとるまで有効とされていて2回受ける必要はないのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|合格者が少ないと誰... | トップ | 税理士|国家試験制度の改定... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL