税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|科目ごとの合格率のパーセンテージは…。

2017-06-19 22:50:00 | 日記

法律系資格の中で、専門性が高いお仕事をする、税理士かつ税理士なんですけれど、どちらの難易度が高いかといえば税理士の方がハードルが高く、合わせてお仕事内容についても、結構違うのです。
一言でいいますなら第一段階合格最低点の「足切り点」といいます気になる制度が、税理士試験には存在しております。要するに、「一定レベルの点を満たしていないケースですと、合格になりませんよ」といった点数というものが存在しているのです。
実際にU-CAN(ユーキャン)の税理士対象の教育講座は、例年約2万を超える受験生が学んでいて、丸っきり知識無しの未経験者でも、キッチリ資格取得できる能力を自分のものにできるといった、受験生の間でも評価が高い通信講座であります。
こちらのネットサイトに関しましては、現役のプロの税理士が、税理士試験の効率的な勉強法の指導はじめ、及び色々な税理士専門の通信講座の世間の人気度、利用者の感想等の情報を収集し、紹介している専門サイトであります。
通常多くの人たちは、ネームバリューがある業者だからとか、根拠ゼロのアバウトな理由を掲げて、通信教育を決めてしまいがち。ですが、そのようなことで絶対に税理士に、合格することは難しいでしょう。

現在においては、専門スクールに通ってベテラン講師陣から直に教わっている方たちと、あんまり大きく異ならない勉強が行えます。このことをリアルに可能とするのが、今においては税理士資格の通信講座のメジャーな教材といわれているDVDによるものです。
国家試験の制度の修正に沿って、今までの運や不運に左右される博打的な内容が省かれ、極めて器量があるか否かがジャッジされる国家試験へと、昨今の税理士試験は刷新したのです。
一般的に良質な演習問題にて詳しく知りベースを固めた後、具体的な学習問題へと変えていく、一般的な勉強法をし続けるというのが、税理士試験の中における簿記論に向けては、効果が見られるようであります。
一流講師と直に触れ合うことが可能な予備校通学の長所は、興味深いですけれども、ずっと積極的な姿勢さえ保ち続けることにより、税理士対象の通信教育学習で、ちゃんとレベルアップが出来るはず。
もともと科目合格制がとり入れられているが故に、税理士試験は、仕事を持っている社会人の方たちも受験に取り組みやすいながらも、一方で受験に向けて取り組む期間が長期になるということがよくあります。これまでの先人の方の適切な勉強法を覗いてみることも大切です。

資格専門スクールの税理士資格取得講座を受けたいと思うのだけど、周辺に予備校がどこにもない、仕事が忙しくて残業続き&休みがない、学校に足を運ぶ時間が全くない等の人向けに、多くのスクールにおいては、便利な通信講座コースを取り入れています。
可能であればリスクを分散、リスクを低くする、用心を重ねてといった考えで、税理士試験を受験する際、プロ教師陣が揃う学校に通った方が効率的ですが、それは必ずしもではなく独学を選択することもいいでしょう。
税務の個別論点に取り組み始めたとしましたら、基本的に関連がある演習問題にめいっぱい臨み、確実に問題に慣れ親しんでおくといったような勉強法を取り込むのも、税理士試験の中での簿記論対策に関しましてはスゴク効果が高くなります。
こちらのサイトでは、税理士専用の通信教育(通信講座)を、的確に正しく選定できるように、ニュートラルな立場にて判断が行える有益な材料をピックアップしていきます。そして、その後は本人がコレと言うものを選んでくださいね。
科目ごとの合格率のパーセンテージは、概算で1割位と、全ての教科ともに高い難易度とされる税理士試験は、科目合格制度を設けているため、勤務しながら合格を獲得することができる、資格となっております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|通常税理士試験を学... | トップ | 税理士|資格取得が難しい試... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL