税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|資格取得が難しい試験といわれる税理士試験に関しては…。

2017-06-20 03:40:00 | 日記

会社に属しながら並行して勉強を行い、何とか3回の受験で税理士に合格することが実現した、小生の乗り越えてきた経験を見つめ直しても、最近の難易度に関しては、めちゃくちゃ高難度になってきているのではないでしょうか。
税理士試験といいますのは、税理士を生業にするために必要とされる造詣の深さ、そしてそのことの応用能力があるかどうかを、審判することをメインに、実施する高いレベルを求められる国家試験です。
実際大部分の学校においては、税理士用の通信教育があるものです。通信教育の中には、外出先でも利用出来るiPodですとかUSBメモリ等を用いて、時代の先端を取り入れ新しい勉強法で通信教育を実施している、専門スクールなんていうのも出てきました。
基本的に税理士試験につきましては、年齢や性別、これまでの学歴などの制限は設けられておりませんから、年齢に関係なく資格試験を受けることが可能です。万が一法律に関しましての見聞が無いというような方でも、キッチリ受験に対しての方策を立てることで、合格可能でございます。
一般的に税理士のピンチヒッターにもなれる街の法律屋さんとして、活発な働きが要求されます税理士の肩書きは、名誉ある法律系資格であります。だからこそ、試験内容の難易度もメチャクチャ高いものとなっています。

資格取得が難しい試験といわれる税理士試験に関しては、全力で向かわなければ合格は絶対に不可能であります。さらにまたたった一人で独学にて合格を狙うのは、物凄くガンバル必要がございます。そういった中ちょっとであってもお手伝いできる情報ページとして使ってもらえたならありがたいです。
現下、もしくは後々、税理士に完全に独学で受験を行う受験生たちのために作成を行った、特化した専門サイトです。コンテンツには合格をゲットするための鍵ですとか、現場での仕事の流れ、加えてその魅力的な部分を多々載せています。
難易度高の「理論の暗記」を中心にして、税理士試験の能率的な勉強法、また脳を育てる頭脳開発、速聴と速読といったこと等についてもパーフェクトに掘り下げております!それ以外にも暗記方法でありますとか、勉強する際に、有用なモノ・コトを当サイトで発信していきます。
根本的に税理士試験の特徴を挙げると、評価基準に基づいた実力を問われる試験でありまして、合格できる定員人数を最初から設けておりませんので、言ってしまえば試験問題の難易度のレベルが、明らかに合格率に深く影響します。
学習のための時間が昼夜たっぷり確保できる人は、普通の勉強法をやり続けることにより、税理士試験で合格を得ることも可ですが、毎日何やかやと忙しい方には、現実に沿った取り組み方だとは言えないでしょう。

各年、2〜3万近くが試験に挑み、たった600〜900名程度しか、合格できないのです。そうした現実を見るだけでも、税理士試験難易度が超高いというのがわかるといえます。
押しなべて、税理士試験に全て独学にて合格することは、難易度が高いということを理解しておこう。それに関しては各年の合格率の割合が10%以上になることがみられない現実からみても、簡単にイメージできる事柄です。
一般的に5分野の科目合格にまで、長期間かかる税理士受験においては、勉強を続ける時間を確保できる環境づくりが、合格への大事な要素となり、通信教育(通信講座)については、なおさらその要素が言えると思われます。
空いた時間を有効に使って、習得することが可能なため、会社に行きつつかつまた家事などと両立して税理士の国家資格取得を行おうと思い描いている方にとりましては、通信講座を受講するというのは、実に都合良いものであります。
的外れな勉強法をやり続けて、茨の道に入ってしまうということほど、意味の無いことはありません。確かで最も良い進め方で短期間にて合格を成し遂げ、税理士の資格をとりましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|科目ごとの合格率の... | トップ | 税理士|オールラウンドで活... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL