税理士歴13年の中堅税理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

5年の下積み、独立して8年の中堅となった私、これから税理士を目指す方のための勉強法や、独立後の経営に関して教えます!

税理士|すなわち税理士試験については…。

2017-06-14 00:40:01 | 日記

現実税理士国家資格試験の合格率は、1割ほどという結果が出ています。近年においては、法科大学院(専門職大学院)がつくられ、全過程の学業を終えれば、新司法試験を受けられる資格を手にすることができるのです。
通常税理士試験は、大学卒の資格が必須であるなど学歴等の制約はありませんから、どなたでも幅広い層の方々が資格取得を狙うことが出来るようになっております。ちなみに法律の専門的な知識ゼロの未経験者であっても、質の高い試験対策をとったら、合格することも可能です!
実際税理士試験の大きな特質につきましては、定められた基準を軸に評価する試験の仕組みとなっていて、合格人員数を決定していないので、結果として試験の問題の難易度レベルが、そのまんま直に合格率に反映されることになります。
勤務しながら、税理士を目指す人も中にはいらっしゃるかと存じますので、あなた自身の行えます事柄を限りある時間の中で日ごと少しずつ継続していくのが、税理士試験の合格を可能にする最も近いルートなのかもしれないです。
実際に講座を学ぶことができる予備校も学習法に関しましても様々です。ということから、沢山の税理士の資格取得講座の中にて、あまり勉強する時間が持てないとした多忙な方でも空いた時間に勉強できる、通信講座を持っている専門スクールを色々リサーチしました。

税理士の通信講座内で、殊にオススメのものは、東京リーガルマインド(LEC) でしょう。使っているオリジナルテキストにつきましては、税理士受験生間にて、最良のテキスト書だと一定の評価がございます。
法律で平成18年より、税理士試験の内容は、沢山変化しました。例えば法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、筆記試験では多肢択一式問題ですとか、記述式(論文)での問題のような今までなかった流れの問題も見られるようになっています。
以前は合格率10%以上の台が普通だった税理士試験でありましたけど、ここ数年は、一桁の数値にて停滞しております。当然合格率が一桁といえば、難易度が高めの国家資格の1業種として、捉えられるでしょう。
実際に税理士試験は、レベルが高い法律系国家資格試験とされているので、勉強法が確立出来ていない方は専門学校に行くようにした方が、間違いないといえます。だけど、一切合切独学だとしても受験生により、スゴク効率があるなんてこともあるものです。
合格率の数字が3%強のハイレベルの、税理士試験に合格しようとするには、全て独学での試験勉強のみでは、一筋縄ではいかないことが色々あり、専門スクールに通うかあるいは、通信教育を受け受験勉強をするというのが多数派となっております。

税務の個別論点に取り掛かり始めたならば、関係する試験の演習問題に出来る限り臨むようにして、数をこなして問題慣れしておくとの勉強法を盛り込むのも、税理士試験の簿記論教科の対策に向けては相当有効性がございます。
税理士の仕事に就くことは、国家資格試験の難しい関所でありながらも、若い世代だけでなく中高年の方にも注目されており、そして受験合格後には、個人にて事務所等を起こして、最初から開業するという方法も実行可能な法律系の専門試験であります。
現実国家試験の税理士試験の合格率の割合は、10%強と、難易度レベルが高めと知られているにしては、国家資格内でも高い合格率を出しています。だとしても、たった一度きりで合格することが出来るのは、ほぼ不可能なことと言われている現状です。
すなわち税理士試験については、税理士を生業にするために要必須な知識、またそのことを活かす技量を有するか否かを、真に判定することを大きな目的として、実施する法律系の国家試験です。
各教科の合格率のパーセンテージは、ほぼ1割強と、全ての教科とも難易度が高度な税理士試験は、科目合格制度が採られているから、社会人をしながら合格を勝ち取ることができる、資格です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|法人税法(所得税に... | トップ | 税理士|法律系資格の中で…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL